アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

サカサマのパテマ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『サカサマのパテマ』 (PATEMA INVERTED) は、吉浦康裕による日本のアニメーション映画作品。2013年11月9日に日本公開された。第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、スコットランド ラブアニメ映画祭2013(Scotland Loves Anime 2013)観客賞及び審査員賞を受賞。また、第7回アジア太平洋映画賞(Asia Pacific Screen Awards)の長編アニメーション部門にノミネートされた。DVD及びBlu-rayは2014年4月25日に発売された。 スタジオ六花の吉浦康裕が、『イヴの時間』に続いて、原作・監督・脚本を務めて制作するサイエンス・ファンタジー作品。2012年劇場公開予定だったが、制作上の都合により2013年公開に変更となった。吉浦は、この作品について(店の中のエピソードが多かった前作の『イヴの時間』と違って)、外の話にしたいとしている[1]。 ぴあによる公開初週の映画・満足度ランキングでは1位となった[2]。 「かつて、多くの罪びとが空に落ちた」と“空”を忌み嫌う世界・アイガ。そこに住む少年・エイジは今の生活に鬱憤を募らせていた。そんな彼の前に、突然サカサマの少女・パテマが現れる。 地下の世界からやってきたパテマはエイジと交流する。エイジはパテマに対し「この"空"の美しさに、誰も目を向けようとしない」と不満を語る。パテマの身体はアイガの重力に合わず、“空”に落ちる体質となっていた。パテマはとっさにエイジの手を握った時、彼女に引っ張られるように2人は空へ飛び出す。その頃、サカサマ人が現れたとの報告が来て、アイガの君主・イザムラは、治安警察のジャクに捜索を命じる。エイジはパテマを連れて逃げようとするが、パテマは捕えられてしまう。パテマの前に引き出されてきたもの、それは"サカサマ人"の標本―保存液につけられたラゴスの死体だった。一方エイジは学校で拷問を受け、「エイイチのようになりたくなかったらおとなしくしていろ」と脅される。それで初めて、エイジはエイイチの死が事故ではなく、当局に殺されたのだと知る。失意のエイジの前にパテマを探しに来たポルタが現れる。二人は力を合わせてパテマが監禁されている塔にパテマを助けに行く。パテマは塔の最上階に、重りをつけて監禁されていた。ポルタは重力の関係上、来ることができず、エイジだけがパテマと再会するが、見つかってしまう。天井のガラスを割り、逃げようとするが、パテマの重りの重さで外に出ると"空"に落ちそうになり、外に出ることができない。そうこうしているうちに追っ手につかまり、パテマは屋上にやってきたイザムラに捕えられ、エイジはジャクに殺されそうになる。ジャクが狙撃を躊躇っているうちに、イザムラの隙をついたパテマはエイジの方へ跳躍しようとし、エイジもまた、咄嗟に飛び出してパテマへと跳躍する。次の瞬間、二人は重りの重さで"空"へと真っ逆さまに消えていった。残されたイザムラ・ジャク・その他の面々は呆然とする。 "空"へと転落し、死んだと思われていたパテマとエイジだったが、実は生きていた。パテマが気が付くと、空中のある地点で、静止していたのだ。しばらくその状態でぶら下がっていたが、眼下に何かあるのに気付く。広大なそれは、何か建築物のようであり、まるで星のように電光が煌めいていた。パテマとエイジは緩やかにそこへ着地した。ここではパテマが地面に足がついて、エイジがサカサマになっている。あたりを見回しても、人の気配はない。しかし、パテマは自分が"空"に落としてしまった私物を発見し、エイジは、父エイイチが死ぬ際に乗り込んでいた飛行船が着地している(サカサマなので天井が地面についている)のを発見した。二人は飛行船の中に入り、エイジはエイイチが残した手記を読んだ。そして、エイイチがラゴスと出会ったことで空に興味を持ったのだと知る。 一方、地上では、ジャクがイザムラに狙撃を躊躇ったことを責められていた。エイイチを狙撃したのも、ジャクであった。ジャクは罪の意識からか、"空"に向かって設置された監視カメラの映像を見ていた。「まさか"空"からあの二人が帰ってくるとでも?」そう言うイザムラだったが、その時、監視カメラに飛行物が映った。パテマとエイジが乗った飛行船であった。 カホやクラスメートたちは、今日もベルトコンベアーに乗って学校へ向かっていた。ふと、カホは空を見上げた。クラスメートはカホに「そんなことをすると当局に睨まれる」と注意するが、カホの目はパテマとエイジが乗った飛行船をとらえた。生徒たちは驚き、ベルトコンベアーから出て、飛行船を追う。 着地した飛行船から出たパテマとエイジは、ポルタと再会し、地下の世界へと行く。だが、それを追ってイザムラとジャクがやってきた。パテマとエイジはイザムラとともに"穴の底"へ転落する。イザムラは二人を殺そうとするが、次の瞬間、"穴の底"が上に向かって抜け、イザムラは落下物に当たって死亡し、上へと落ちていった。穴の近くまで来ていた"地上"の生徒たちの目の前で、落下物が上へと落ちていった。 エイジは目を覚ました。パテマを助けるために重傷を負っていた彼だったが、起き上がった彼の目に飛び込んできたのは、さかさまの、廃墟となった高層ビル群だった。つまり、アイガの教育では"サカサマ人"とされていたパテマたちこそが本来の重力に従った正しい人間であり、サカサマだったのはアイガの住人の方だったのだ。パテマにつかまり、エイジは新しい世界を見に行く。一方、それを見てポルタは自らの失恋を確信し、悲しんだ。
(出典:wikipedia)