アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

MOTHERシリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『MOTHER』(マザー)は、任天堂が1989年7月27日に発売したゲームソフト。 糸井重里がゲームデザインを手掛けるMOTHERシリーズの第1作目。1989年に任天堂からファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲームとして発売された。2015年現在、国外では未発売。 開発はパックスソフトニカとAPEが手掛けた。RPGが中世ヨーロッパをモデルに 剣と魔法の世界を冒険するものがスタンダードだった当時、現代を舞台にしたという点で今作は非常に特質なものだった。任天堂にとっては初のコマンド式RPGだった事もあって意欲作として発表された。 糸井らの書き出す特徴的な台詞回しや、多くのゲーム作品のBGM作曲に携わった田中宏和とミュージシャンの鈴木慶一のタッグが手掛けるBGMの数々、地方によった表情豊かな自然が描かれるマップ、現代の世界観に併せて幻想的な世界観を織り込むといった特徴的な作風など、これら他にない斬新さが今作の魅力であり、その後のシリーズ、特に『2』に継承される大観的な要素の大半はここに大成している。 今作の舞台は現代、アメリカにあるとされる架空の区々。田舎町・マザーズデイの街はずれに住む主人公の少年が、自宅で起きた怪奇現象の原因を探るために旅立ち、道中出会った仲間と共に「何か」に歪まされたものたちと戦いながら国中を冒険し、8つに分割されたメロディを発見していくストーリーが展開される。 発売当時放映されたCMでのキャッチコピーは「エンディングまで泣くんじゃない」「名作保証」などと書かれていた。前者は糸井のものではなく、一倉宏が手がけたフレーズである[1]。 糸井重里は「ゆっくり、物語を読むように遊んでください」という趣旨のことを話している。 1994年には本作の続編に当たる『MOTHER2 ギーグの逆襲』が発売されている。 2003年にはリメイク版として、『MOTHER2』とカップリング収録された『MOTHER1+2』が発売された。海外で開発されながら最終的に未発売となった海外版ROMデータが流用されており、海外版にのみ収録が予定されていたエピローグの部分も併せて収録されている他、グラフィック、テキストにも多数変更点が見受けられる。 1900年代の始め。アメリカの田舎町 マザーズデイから一組の夫婦が行方不明になった。夫の名はジョージ、妻の名はマリア。 2年ほどして、ジョージはどこからかひょっこり町に帰ってきた。そして誰に今までの事を話すわけでもなく、不思議な研究に没頭するようになった。 しかし、妻のマリアは最後までとうとう帰ってくる事はなかった─。 時は流れ1988年。場所を同じくして、そこにはジョージとマリアの血を継ぐ12歳の少年が住んでいた。 ある日、彼の家を謎のポルターガイスト現象が襲う。少年の勇気はどうにかその場を鎮まらせたが、直後に掛かった父からの電話が少年の長い冒険の始まりを告げるのだった。 世界は何者かの手により狂わされつつある。彼の冒険はその何者かの正体を解き明かし世界を救う事である。 しかし少年はまだ何も知ることはない。 冒険の行く先々で奏でられる不思議なメロディや、少年に似た顔立ちの王女クイーンマリーがおさめる幻想の国マジカント。 全てが全て、ある人の遺した世界を救う力なのだと言うことを…。
(出典:wikipedia)