アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

どきどき魔女神判!シリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『どきどき魔女神判!』(どきどきまじょしんぱん)は、SNKプレイモアが2007年7月5日に発売したニンテンドーDS用ゲームソフト。略称は『どき魔女』。ジャンルはアドベンチャーゲーム。キャラクターデザインは藤ノ宮深森が担当。 発表当時の仮題は『どきどき魔女裁判!』だったが[1]、後にプロデューサーが「造語にしたい」と考え変更されている。 続編に『どきどき魔女神判2』がある。また、リメイク版に『どき魔女ぷらす』がある。 主人公・西村アクジを操って学校内や近所で情報を集めつつ、人間の振りをした魔女を探し出すアドベンチャーゲーム。魔女は外見上、普通の人間と見分けが付かないが、ドキドキすると体のどこかに紋章が浮かび上がる。魔女の疑いがある相手と戦闘を行い、戦闘に勝利すれば「魔女神判モード」へと移行。DS付属のタッチペンで相手の体をタッチしながら尋問を行い、体のどこかに浮かび上がる紋章をタッチすればミッションクリア。 DS用ソフトでこのような相手の体に触れることが出来るタイプのゲームソフトは既に他のゲーム(『きみのためなら死ねる』など)にも存在していたが、本作が初めて公開された「赤井まほに対しての魔女神判モード」のスクリーンショットは、あたかもアダルトゲームのように感じられるもので注目を集めた。 かつて世界には魔女が住んでいたが、やがて魔女は姿を消し、人々は魔女の存在を徐々に忘れていった。 現代、ちょい悪少年・西村アクジは見習い天使・ルルと共に、人間界に住む魔女を探し出すという使命を大天使から与えられる。引き受けなければ礼拝や募金を義務付けられる「善人」にすると脅され、アクジは渋々引き受ける。
(出典:wikipedia)