アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

食戟のソーマ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊の日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2012年52号より連載されている。 本作品の企画は、作者と編集のバカ話から偶然生まれた[1]。『少年ジャンプNEXT!』2012年SPRING号に巻頭カラー50ページで読み切り作品を掲載後、読み切り版を再構成した上で『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始された[2][3]。 名門料理学校「遠月学園」を舞台に、下町の定食屋の息子である料理人の少年・幸平創真(ゆきひら そうま)の活躍を描く料理・グルメ漫画である[注 1]。様々な料理対決が展開される料理漫画の王道を行くストーリーや登場する料理の意外性に加え、登場キャラクターが料理を食べた時にとるリアクションがお色気要素に近い大仰なものであることが本作の特徴である。 2013年4・5合併号掲載の第5話より、料理研究家の森崎友紀が協力しており[4]、食のアイデアなどを提供している。お手軽なものから本格的なものまで、紹介されるレシピも魅力の一つとなっている[5]。森崎の話によると、集英社の『MORE』と『週刊プレイボーイ』に料理の連載を持った繋がりで、漫画協力の話をもらったとのこと[6]。 単行本では、作中に登場した料理の一部レシピや連載時点では氏名不詳だったキャラクターのプロフィールが紹介されている。2014年4月時点で、第7巻までの累計発行部数は290万部[7]。単行本第1巻は、その直後から予想を上回る売れ行きを見せ、異例の速さで10万部の重版がかかり、発売2週間で20万部を超す勢いとなった[5]。第2巻の初週売り上げは13万5000部を記録し、オリコン週間ランキングのコミック部門で第5位となった[8]。 2015年、テレビアニメが放送予定[9]。 下町の定食屋の息子・幸平創真は、家業を手伝いながら、父・城一郎を越えるべく料理修業に励む日々を過ごしていた。中学校卒業後は家業を継ごうと考えていたが、城一郎は店を数年閉めると宣言し、海外へ行ってしまう。そして創真は、城一郎の命により、超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学する。そこから創真は持ち前の料理のノウハウを駆使して料理人として成長していく。
(出典:wikipedia)