アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

ニンジャスレイヤー キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『ニンジャスレイヤー』(NINJA SLAYER[1])は、ブラッドレー・ボンド(Bradley Bond)とフィリップ・ニンジャ・モーゼズ(Philip Ninj@ Morzez[2])のアメリカ人コンビによるとされるSF小説。ジャンルは「サイバーパンク・ニンジャ活劇小説」。 2010年より本兌有、杉ライカをはじめとした有志らが日本語訳をTwitter上に連載している(後述)。 2012年にはエンターブレイン(現KADOKAWAエンターブレインブランドカンパニー)から日本語版書籍の出版がスタートした[3][4]。 2014年4月にアニメ化が発表された。 大筋は妻子を殺された主人公が超能力者として甦る復讐劇であり、アクション小説である。特筆すべきは、サイバーパンク的な世界観の日本を舞台に、「サラリマン」[5]「ヤクザ」「ザイバツ」などのステレオタイプな日本観を曲解した奇抜な設定、超能力を有しカラテと呼ばれる神秘的な武道を習得した「ニンジャ」達の戦いを描いている点である。 原語版(英語)が複数の雑誌で不定期に掲載されていた都合上、「第二部の連載中に突如として第三部途中のエピソードが始まる」 など、エピソードごとの時系列がバラバラになっている。後述の書籍版でも各エピソードが翻訳発表順で時系列に沿っておらず、第一章が「前回のあらすじ」で始まっているが、読み進めるのにそれ以上の予備知識は必要としていない[6]。 ストーリー面においても、主人公の復讐劇をメインにしつつ、サイバーパンク、ボーイ・ミーツ・ガール、コメディ、伝奇、社会問題など、アクション以外の要素が強かったり、サブキャラクターがメインのエピソードが多く存在しており、全体としては短編集のような構成になっている。
(出典:wikipedia)