アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

境界のRINNE キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『境界のRINNE』(きょうかいのリンネ)は、高橋留美子による日本の少年漫画、それを原作としたテレビアニメ。 『週刊少年サンデー』誌上において、2009年21・22合併号より連載中[注 1]。 前作『犬夜叉』の終了より10か月を経て、同じく『週刊少年サンデー』誌上において2009年21・22合併号より連載を開始した。 作者曰く、実は男性向けの作品。前作『犬夜叉』がハードかつシリアスな作品だったのに対し、本作ではバトル要素を残しつつ、『うる星やつら』や『らんま1/2』のような従来のギャグとコメディ要素が色濃く描かれている。『週刊少年サンデー』での定期連載作品としては高橋にとって4作目にあたり、また他誌での連載であった『めぞん一刻』(『ビッグコミックスピリッツ』)『1ポンドの福音』(『週刊ヤングサンデー』(休刊))も合わせれば6作目の定期連載となる[注 2]。 日本での雑誌発売日と同日に、ビズメディア社が北米限定で英語版『RIN-NE』のインターネット公開を行なっている[3][4] 。これはインターネット上での海賊版への対策措置であり、粗悪な翻訳海賊版よりも先に質の良い正規版をファンに届け、単行本化の際のセールスに繋げる事を目的としている[3]。 この措置は2009年4月現在本作のみで行なわれており、他作にも拡げるかどうかは未定[3]。この日米同時連載を記念し、日本では『クラブサンデー』において第1話が無料公開された[4]。 本作は季節行事は行われるが、作品内の時間は経過しない方式。 2015年春よりテレビアニメの放送が決定している[5]。 幼い頃の神隠しにより幽霊が見える少女・真宮桜は、高校入学早々に偶然六道りんねという少年と席が隣になる。実は、りんねは幽霊を輪廻の輪に乗せる仕事を営む死神であり、「霊に悩まされる事があれば、学校の百葉箱にお供え物と賽銭を入れておけば、問題は解決する」という噂を流していた。こうして、りんねと関わる事になってしまった桜は、さまよう幽霊を救うべく、彼と共に幽霊に関するトラブルを次々と解決していくのであった。 しかし、問題は、そのりんね自身がいつも貧乏だという金銭に関するトラブルを抱えていることで、そちらのトラブルは一向に解決できないのであった。
(出典:wikipedia)