アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 主人公 髪色(黒) 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』(ゆうしゃになれなかったおれはしぶしぶしゅうしょくをけついしました)は、左京潤によるライトノベル。イラストは戌角柾が手掛けた。2012年から2014年まで刊行された。全10巻。公式略称は「勇しぶ。」。 第23回ファンタジア大賞にて金賞を受賞した[1]。単行本は富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA 富士見書房)より発売されている。 元勇者志望の主人公・ラウル・チェイサーと魔王の娘・フィノ・ブラッドストーンが務めるマジックショップで繰り広げられる家電販売ラブコメファンタジー作品。魔法を元にしたグッズ(現実世界における家電)が存在する他、魔王が倒されたことにより勇者制度が廃止され失業者があふれると共に不況が生じるという、勇者や魔王(魔人)が存在するファンタジー世界と現実世界をミックスした世界観となっている。 2013年2月にはKADOKAWA 富士見書房の『エイジプレミアム』にて森みさきによるコミカライズが、2013年5月には『ヤングガンガン』にて柚木ガオによるコミカライズが連載を開始した。さらに、2013年3月にはテレビアニメ化が発表され、10月から12月まで放送された。テレビアニメ版には、原作執筆中にカットされたキャラクターが再登場している。 ラウル・チェイサーは、幼い頃からひたすら勇者を目指して努力を重ね、全国勇者模試でS判定、勇者予備校の首席にまで上り詰めた。 しかし勇者試験の直前に魔王が倒され、勇者制度は廃止。夢を失ったショックのあまり半年ほど引きこもった後に就活を始めたラウルは、魔界崩壊不況の真っ只中で街外れの小さなマジックショップ「マジックショップ・レオン」にどうにか就職したものの、勇者への未練を残したまま惰性で働いていた。そんなラウルの前に現れたのは、ボロボロの履歴書を手にした元魔王の世継ぎ、フィノ・ブラッドストーンであった。
(出典:wikipedia)