アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

バイオハザードシリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『バイオハザード』(BIO HAZARD, 日本国外ではResident Evil)は1996年にカプコンより発売されたPlayStation用ホラーアクションアドベンチャーゲーム。その後様々なプラットフォームに移植される。 本項では同作品の移植作、リメイク作品も合わせて解説する。 タイトルの「BIO HAZARD」には「生物災害」という意味があり(バイオハザード項も参照)、それを筋としストーリーが展開されている。日本国外のタイトルである「Resident Evil」は、「邪悪なる居住者」という意味をもつ。 売上本数はPlayStation版が日本国内で119万本(初動本数:14万本)。発売前および直後はそれほど注目されていなかったが、口コミにより徐々に売り上げを伸ばし、最終的にはミリオンセラーになるという、ゲームソフトとしては珍しい売れ方をした作品である。当初は販売店もさほど注目していなかったため入荷数をかなり抑えていたらしく、売り切れ店が続出した。 本作のヒットにより、バイオハザードシリーズとしてシリーズ化され、他社からもホラーゲームが多数発売されるきっかけとなった。また、当時のゲーム次世代機戦争においてPlayStationの優位に大きく貢献した。後年には他プラットフォームへの移植、リメイク作品も多数発売している。 1998年夏、アメリカ中西部の地方都市ラクーンシティの郊外で、孤立した民家が10人前後のグループに襲われ住民が食い殺される猟奇事件が発生した。その異常性にも関わらず犯人の特定はおろか捜査自体が難航、さらには犠牲者が続出したことで、これを重く見たラクーン市警は特殊作戦部隊S.T.A.R.S.(スターズ)に出動を要請する。7月23日の夜、同部隊のブラヴォーチームが現地へ向かうが、その後通信が途絶え、チームは消息不明となってしまう。翌日24日の夜、残るアルファチームがブラヴォーチーム捜索のため現場へと向かい、墜落したヘリとパイロットの遺体を発見。直後、全身の皮膚が腐り落ちた異様な姿の野犬の群れに襲われる。隊員の一人は死亡、一人は行方不明となり、ヘリで待機していた隊員は恐れをなして仲間を置いたままヘリで飛び去ってしまった。残された隊員たちは森の中を逃げ回るうち、古びた洋館を発見してどうにか逃げ延びることができたが、この館こそが猟奇殺人事件の元凶であり、数々の化け物を生み出した恐怖の研究所だったのである。隊員達にとっては忘れられない恐怖の一夜が幕開けとなることをまだ知らなかった。
(出典:wikipedia)