アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

カイト キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『A KITE』(ア カイト)は、1998年2月25日にグリーンバニーより発売された全2巻のアダルトアニメ。 後にアダルトシーンを削除し、アクション要素を強めたR指定のインターナショナルバージョンも発売された。 物語の舞台は日本だが、赤井達のアジトが欧米のスラム街にしか見えない場所にあるなど洋画を意識した無国籍風の作風とガンアクションをはじめ映像クオリティの高さから、日本国内は元よりハリウッドで多大な支持を得たため、現地での実写映画化が決定した[1]。詳細については#実写版を参照。 なお、実写版日本公式サイトによれば、上記の要素にエロティシズムが絡む過激さから、多くの国では上映禁止か検閲上映となった模様である。 2002年、『トリプルX』のプロモーションで来日したロブ・コーエン監督は「最近の日本の映画で好きな作品、監督を教えて下さい」という質問に「アニメーションだが、ミスター梅津の『KITE』、彼の作品の世界観は素晴らしい」と答えた[2]。 女子高生と殺人請負人、2つの顔を持つ美少女・砂羽。表と裏の世界を巧みに使い分ける大人達の淫靡な呪縛から逃れられず、泥沼の世界に生きる砂羽が唯一心を許せる存在は、同じ世界に生きる謎の少年・音不利のみだった。2人は互いに同じ性を感じながら惹かれ合うが、ある日を境に砂羽は組織との決別に走った音不利の始末を命じられ、彼へ銃口を向けることとなる。儚いと知りながらも愛情を育むか、それとも殺し屋の掟を優先するか…やがて、物語は冷酷なクライマックスを迎える。砂羽は全てを終わらせると、どこへともなく去っていった。
(出典:wikipedia)