アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

カノジョは嘘を愛しすぎてる キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(カノジョはうそをあいしすぎてる)は、青木琴美による日本の漫画作品。『Cheese!』(小学館)にて、2009年5月号から連載中。第59回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞した。単行本は2015年4月現在、16巻まで刊行されている。2013年12月に佐藤健主演による実写映画化作品が公開された。略称は「カノ嘘」(カノうそ)[1]。 作者の『小学館漫画賞』受賞後第1作目であり、『Sho-Comi』から『Cheese!』へ移籍後初の連載作品である。話数カウントは「…song」(…部分は1st, 2ndなど英語の序数)で、各話のサブタイトルは詩的なものになっている。 単行本は1、2巻のみ同時発売され、帯の惹句は「今度の青木はROCKだ!!!!!」であった。 8巻までの累計発行部数は250万部を突破している[2] 2011年6月には、作中の主人公である“小枝理子”がペプシネックスのポスターに起用され、実際に物語の中でもペプシネックスのCMに理子が歌手としてのデビューに起用されるという、リンクしたシーンがある[3]。 『Cheese!』2012年4月号にて、映画化が発表されると同時に、主人公の“小枝理子”役を公募オーディションで選出することが告知された[1]。 この映画化決定で、青木琴美の連載作品は3作連続映画化されることとなった。以前の2作は「連載終了後のことだったので、“幸せにしてもらえるといいねぇ〜”という、少し遠い所から見守るような気持ちだったのですが、現在連載中の作品となると「幸せに……してくださいね!」ってなくらい!身内感でいっぱい。こうも心境に違いが出るとは…自分でも少しびっくりです。(8TH song、131ページ)」と作者は心境を述べている。 ――嘘ばかりつく僕のことを カノジョは「正直な人だ」って言うんだ。 人気バンド・クリュードプレイ(クリプレ)の大ファンである小枝理子は、ある日一人の男性、“小笠原心也”と名乗る人物にナンパされる。理子は彼が鼻歌で歌っていたメロディーに聞き惚れ、彼が元クリュードプレイ(クリプレ)のメンバー(小笠原)秋だと知らずに付き合うことになるが…?
(出典:wikipedia)