アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

がっこうぐらし! キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『がっこうぐらし!』(SCHOOL-LIVE!)は、原作:海法紀光、作画:千葉サドルによる日本の漫画作品。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて、2012年7月号より連載中。2015年3月現在、原作コミックスは5巻まで刊行されている。2015年7月にはテレビアニメ化され、深夜アニメとして放送されている。 ゾンビの出現によって崩壊した社会で、学校に立て籠もって寝泊まりする女子高生たちを可愛らしいタッチで描いた、サバイバルものの漫画である[3][1]。原作者の海法によれば、ゾンビ物の作品としてすぐ思いうかべるような、バトルアクションものとは異なる路線を目指しており[4]、過ぎ去っていく日々を精一杯生きる、登場人物たちの学校生活を描くことが意図されているという[5]。 巡ヶ丘学院高等学校の生徒で、明るく元気な丈槍由紀、ちょっと体育会系の恵飛須沢胡桃、穏やかなまとめ役の若狭悠里。彼女たちの住む街は、人間をゾンビに変えてしまう感染症のパンデミックによって地獄絵図と化していた。学校内に他の生存者はなく、3人は外界との接触を断たれている。当初の避難生活を導いてきた教師の佐倉慈は、学校での避難生活を部活動の一環として捉える「学園生活部」を創立し、生き残った3人を部員に迎えて温かく見守ろうとしていたが、その矢先に命を落とし、故人となっている。しかし、由紀は現実に起こった災禍を認識できないかのような態度をとり続け、すでに落命したはずの慈や生徒たちに空想の中で囲まれながら、ほのぼのとした楽しい学園生活を続けている。由紀の空想の中では、学園生活部は生徒会室を拠点に学校全体を借りて寝泊まりする部活という位置づけである。他の2人は由紀の空想に話を合わせつつ、彼女の明るさにも救われているが、次第に生徒会室の備蓄食料や生活物資は尽きていく。 3人は由紀の「遠足に行こう」という提案に便乗する形で物資を補給するために学校外へ出る決意をし、群れなすゾンビたちを振り切り、放置車を無免許運転してショッピングモールへ辿り着く。そこで同じ学校の下級生である生存者、直樹美紀を救出し、彼女を学園生活部に迎え入れる。美紀は当初、現実から目を背けて虚構に逃避し続ける由紀の言動と、それを是としている他の2人のことを共依存に過ぎないと批判して軋轢を生むが、由紀が彼女なりに不穏な事態を何らかの形で認識しており、意識して皆を明るく励まそうと務めていることを認めて和解する。 ところがその直後、美紀が慈の遺品の中から、まるで現在の災禍を予見していたかのような「職員用緊急避難マニュアル」を発見し、再び波乱が起こる。それは感染症の正体が生物兵器によるバイオハザードで、巡ヶ丘学院が有事を想定した拠点施設であることを示唆するものであった。相談を受けた胡桃は真相を確かめるため、避難マニュアルに記された校舎地下のシェルターに潜入するが、そこでゾンビとなり果てた慈と遭遇し、動揺するまま負傷してゾンビ感染してしまう。悠里はゾンビ化しつつある胡桃から身を守るためには、さっきまで友人だった胡桃を殺さなければならないという状況を前にして精神的に追い詰められるが、美紀は面識のある慈と戦えない他の3人に代わって慈のゾンビと対決し、感染に対処できる薬品をシェルターから持ち帰る。胡桃は後遺症の可能性を残しつつも一命を取り留める。 避難マニュアルに記された連絡先には、バイオハザードの元凶として疑わしい大学「聖イシドロス大学」と、企業「ランダルコーポレーション」の名が記されていた。進学か就職かという卒業後の進路に例えつつ、4人はどちらを先に調査すべきか悩む。そんな中、4人が風船やラジオを用いて発信し続けていたSOSが実を結び、外界からのヘリコプターが飛来するが、ヘリは墜落して校舎を巻き込む火災を起こしてしまう。4人は炎と煙の中で分断されてしまうが、由紀の機転や現実とも幻ともつかない慈の導きにより、全員が難を逃れる。しかし学校のインフラは壊滅状態となり、4人は由紀の提案に乗る形で、高校を「卒業」して聖イシドロス大学へ「進学」することを決断する。 大学へ向かう卒業旅行の最中、4人は「ワンワンワン放送局」からのラジオ放送を受信し、DJからキャンピングカーを手に入れる。また、胡桃がゾンビから認識されなくなったり、悠里が妹の記憶を取り戻したりする中、4人は鞣河小学校からのSOSを受けて救助に向かうと、悠里が鞣河小学校で助けた(と主張する)少女るーちゃんを連れ、一行は聖イシドロス大学にたどり着く。しかし、構内に入るなり大学の武闘派の生存者からクロスボウで攻撃を受け、さらに自動車で追い回される。一行を助けたのは、武闘派とは別グループの3人の少女たちであった。
(出典:wikipedia)