アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

超電磁マシーン ボルテスV キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『超電磁マシーン ボルテスV』(ちょうでんじマシーン ボルテスファイブ)は、日本で製作されたテレビアニメ作品。テレビ朝日の土曜日18:00 - 18:30(ABC:金曜日17:30 - 18:00)枠において、1977年(昭和52年)6月4日から1978年(昭和53年)3月25日にかけて全40話が放送された。ナレーションは槇大輔。 本作は東映テレビ事業部が企画することで、製作を日本サンライズに委託していた、アニメ番組である。ちなみに、本作の広告代理店は東映エージエンシーが担当しており、提供スポンサーはポピー(現・バンダイ)が主力を務めていた。 『超電磁ロボ コン・バトラーV』に続く、「長浜ロマンロボット3部作」の第2作目に数えられており、題名における“V”はローマ数字のVで“ファイブ”と読み、コン・バトラーVの“V”は英字のVで“ブイ”と読む。オープニングに登場する番組ロゴと、アイキャッチに登場する番組ロゴは別物である。アイキャッチ版はポピーの玩具に用いられる事が多い。 長浜監督の構想メモ及び、第1話準備稿の表紙から、それぞれ「グランバッファーA(エース)」、「超電磁ロボ・V・クリーガー」という準備タイトルが確認できる。 大下英治の著書『日本(ジャパニーズ)ヒーローは世界を制す』(角川書店、1995年、ISBN 4048834169)によると、当初はNETがテレビ朝日へと局名を変更する1977年4月の放送開始を前提に、本作の企画は進行していたものと思われる。提供スポンサーを務めていたポピー(現・バンダイ)からの提案によって、今回の必殺技は銃であることが日本サンライズのスタッフにも伝達されており、1976年末には本作の作画も開始されていた。ところが12月29日に、ポピーが必殺技を剣にするという重大な変更事項を唐突に通達したことから、この時点までに作られていた作画は勿論ながら基本設定まで白紙撤回も同然に戻されてしまう。必殺技はポピーによって「天空剣」と命名され、本作でも総監督を務めることになった長浜忠夫は、作画スタッフや脚本家などへの参考資料として、殺陣師による天空剣の振り付けを、改めて撮影することになった。 展開面においても長浜は、1話完結方式が基本であった前作との違いを強調するために、本作では父と子の大河ドラマを提案。この提案を長浜と協議した田口章一によると、これは『母をたずねて三千里』の影響である。「母ならぬ父をたずねて」とのこと[1]。 それに対し東映テレビ事業部の部長を務めていた渡邊亮徳は、単なる「お涙頂戴」ものの展開になることを避けるためにも本作ならではの切り札を要求。渡邊の要求に応じることで、長浜は宝塚歌劇団をヒントに「プリンス・ハイネル」という主人公のライバル格の主要キャラクターを考案した[2]。そのような紆余曲折を経て、第1話の決定稿が完成したのは1977年3月であり、放送は6月4日という中途半端な時期に開始される運びとなった[3]。 長浜忠夫によると、本作はその高いドラマ性により『コン・バトラー』の視聴層である幼児から小学生のみならず中高生、大人が見ても鑑賞に耐えうる作品を目指したそうである[4]。しかし、この様な手法は現在では低年齢層からの反響が悪くなる、つまり低年齢向けロボットアニメのマーチャンダイジングという観点からはマイナスに働く選択であることが解っているが、田口章一によると70年代のロボットアニメでは「スポンサーサイドも絶対的な勝算をもっていなかった[5]」ため、とくに反対はされなかったそうである[1]。 商業的に見ると本作は前作『超電磁ロボ コン・バトラーV』には及ばなかった[6]。ポピーによると「超合金そのものは少しも落ちていません。個数的にも、ボルテスVは一昨年のコンバトラーVと同じです。では何がダメだったのか言うと、ポピニカ関係が非常に伸び悩んだわけです」[7]としている。ポピニカとは「ポピーのミニカー」のことで、ポピーの乗り物関係のブランドである。本作ではボルトマシンやビッグファルコンが“デラックスポピニカ”ブランドから発売されたが、ボルトマシンは5機個別に発売されこれを全て揃えることで合体しボルテスVが完成するというもので、トータルを考えれば単価が高く、事実上は超合金より上位に位置する商品であった。本作のポピニカ玩具の不振の主要因は、同時期にスーパーカーが子供達の間で大ブームとなり、注目がそちらに流れたためとされている。 ただし、ここで問題になるのは、本作の売りであるボルテスの合体機能が、商品上だと超合金ではロボット形態のみで装備されておらず、ポピニカにのみ装備されており、そのポピニカが全く不振に終わったことである。すなわちこれは、本作の主要セールスポイントである合体が売れなかったということを意味する。このため次回作『闘将ダイモス』では超合金のラインナップが増やされる一方でポピニカは減らされ、合体も売りにしなくなった。 本作の放送中にスタッフも変動しており、各話演出の富野由悠季や作画の貞光紳也、富沢和雄は『無敵超人ザンボット3』の参加に専念するため中盤で降板したものの、佐々門信芳は本作の制作が終わった後にザンボット3の最終回に参加している。 なお、1980年代に映画化が報じられたものの、最終的にこれは頓挫している。
(出典:wikipedia)