アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

コンプレックス・エイジ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『コンプレックス・エイジ』は、佐久間結衣による日本の漫画作品。『モーニング』(講談社)にて、2014年25号から2015年27号まで連載された。単行本は既刊4巻。 26歳のコスプレイヤーの女性を主人公に、コスプレという趣味に生きることの意味と困難、喜びを描く作品。コスプレを趣味とする人々(コスプレイヤー)をテーマに、コスプレイヤー同士が直面する人間関係のいざこざや、図画であるキャラクターと現実とのギャップや加齢の悩み、家族や会社の同僚などへの趣味バレなど、コスプレイヤーが現実によく体験したり直面したりする出来事を生々しく描いている。 この作品は、第63回ちばてつや賞入選の読み切り版『コンプレックス・エイジ』が元になっている。読み切り版がウェブサイト上に無料公開されると、Twitter、FacebookをはじめとしたSNSやニュースサイトなどで取り上げられ、公開ページは125万PV以上アクセスされるなど話題となった[1]。この反響を受けて、週刊誌『モーニング』で2014年25号より連載が開始され、同年8月20日には単行本第1巻が発売された。 読み切り版は「加齢に悩むゴスロリ女性」というテーマであったが、連載版は「年齢や人間関係に悩む女性コスプレイヤー」をテーマにしており、ストーリー上の連続性はない。ただし、連載版は読み切り版の数十年後という設定であり、連載版の主人公(片浦渚)と読み切り版の主人公(佐和子)は母娘の関係になっている。 コラボレーションとして、第6話・第7話では登場人物が『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』のコスプレをする姿が描かれた。更に第17話では初音ミクや鏡音リン・レンといったクリプトン・フューチャー・メディアのVOCALOIDが登場した。 コスプレイヤー〈凪〉こと、片浦渚は、高校時代からコスプレにいそしんでいた。ネット上でも話題になり、日々に充実感を感じていたが、年下のレイヤー、綾たちと知り合うようになってから、さまざまな葛藤に直面する。自分よりも綾のほうがキャラクターに同化できるのではないか。自分が派遣社員として勤めている職場の正社員が、レイヤーであることが職場に知られたために退社を決意したこと、知られていないとおもっていた母親に、高校時代からコスプレをしていたことを気づかれていたこと、そうした葛藤のなかで、渚は、自分の趣味にどう向き合うかを考え始める。ある日、渚は高校の同窓会で再会した千田光汰が同じアニメが好きなことを知り、それをきっかけにつきあいはじめるが、コスプレに根本的なところで理解を示さない彼に対して、渚は別れを告げる。また、綾に肩入れする渚に嫉妬するりうによって、ネット上で綾への悪口雑言がまきちらされる事件もおきるが、渚たちはそれも乗り越えようとする。そんなある日、高校の時からの友人、公子が結婚を期にコスプレをやめようかという心境をもらす。(以上4巻まで)
(出典:wikipedia)