アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

コンクリート・レボルティオ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』(コンクリート・レボルティオ ちょうじんげんそう 英称・Concrete Revolutio - A Superhuman Fantasy)は、ボンズ制作のオリジナルテレビアニメ。2015年10月より、日本各地のテレビ局などで放送・配信開始予定。公式サイトなどでは『コンレボ』の略称が良く用いられる。 異能の力を使う「存在」、いわゆる「超人」達が普通に世界に居て、それぞれの目的を持って行動し、時に助け合い時に戦う世界を描く物語である。 超人達の力の源や特性は多岐に渡り、宇宙人に魔法使い、妖怪など幻想世界の住人や、科学が生み出した力を持つ者など、あえて統一されていない。また正義のために力を振るう判りやすいヒーローもいれば人々に正体を明かさず闇に生きる者、一般的には悪と断罪されるヒール的な超人も多くおり、中には超人達を多数従え、組織的に暗躍する集団もいる。 このような混然一体雑多な世界観を用いているのは、原作者である會川昇がシェアワールド系SF小説『ワイルドカード』を読んだ際にインスパイアを受け、「現実日本における昭和時代後半(戦後)の歴史をなぞらえた世界観で、マンガや特撮にアニメなどで生み出されてきた、星の数ほどいる“ ヒーロー ”たちが全部同時に存在している物語を描きたい」という想いから生まれ、長年構想していた「超人幻想」という作品を基にしているためである(2015年5・7月にはアニメに先立ち、『超人幻想』から生まれ本作と世界観を同一にしている小説『神化三六年のドゥマ』が早川書房の雑誌「ミステリ・マガジン」に掲載されている)。 本作の監督には、會川と過去にボンズや他のアニメ会社で良く組む(『鋼の錬金術師』・『大江戸ロケット』(アニメ版)・『UN-GO』など)経験を持つ水島精二が起用されている。また、「シェアワールド」という設定を活かすため、キャラクター原案やSF的なデザイン造形には複数のクリエイター(いとうのいぢ・海老川兼武など)が関わっている。 超人は無垢なるものを救う ならば超人を救うものは誰か 彼らの名は『超人課』 現実世界とは異なる歴史をたどり、「神化」という元号を冠する時代の日本。過去に大きな戦争を経験し国土は灰塵と化したが雄々しく復興。「戦後」から20有余年が経過した現在、人々は高度成長期を謳歌していた。 この時代、世界各地では「超人」達が自分達の信念に基づき日々行動しており、社会に大いなる貢献をしている者も多いが、同時に大いなる脅威と成りうる危険な者も、それらと同等にいた。 日本政府は超人達に普通の人間達が営む秩序を破壊されないよう、「超過人口審議研究所」を設立。超人達が道を踏み外す前に発見確保保護することにした。 「超人課」と通称されるこの組織に所属する者達は、やはり多くが超人であるが、一人だけ異能では無い人間もいた。その名は「人吉爾郎」。彼は何を思い、日々職務に勤しむのか。 ここに、超人達が繰り広げる饗宴が始まろうとしていた。
(出典:wikipedia)