アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

Dr.コトー診療所 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『Dr.コトー診療所』(ドクターコトーしんりょうじょ)は、山田貴敏による漫画。 2000年から『週刊ヤングサンデー』(小学館)で連載を開始し、2008年に同誌が休刊した後は『ビッグコミックオリジナル』(同)へ移籍し、2008年12月5日号から話数をリセットして連載を再開した。単行本(小学館ヤングサンデーコミックス)は1000万部を超える大ヒットとなっている。2004年、第49回小学館漫画賞一般向け部門を受賞した。 『ヤングサンデー』での連載は、2002年頃から徐々に掲載ペースが下がり、2007年には作者の目の病気を理由に長期休載した時期もあった。『ビッグコミックオリジナル』は月2回刊であるが、ここでも徐々に掲載ペースが下がり、2010年10月20日号を最後に掲載が途絶えている。本人のブログによると病気療養のため[1]ということであり、2011年11月28日付で「快方に向かっているので再開できそうです。読者には迷惑かけた。」とコメントしているものの、再開されていない。 2005年に、小学館の学年誌『小学五年生』で派生作品「Dr.コトー診療所 島の子供達」を隔月で連載した。同作は2010年にも『GAKUMANplus』で連載され、2011年に単行本化された。 2003年には、フジテレビ系列でドラマ化された。そして2004年にスペシャル版、2006年には新シリーズが放送された。 主人公のモデルは鹿児島県の下甑島(現薩摩川内市)の下甑手打診療所にて、30年間離島医療に携わってきた瀬戸上健二郎医師である[2]。 五島健助は優秀な医師で、東京の大学附属病院に勤めていたが、とある理由から離島の古志木島の診療所に赴任する。島は3ヶ月の間無医村状態であったが、過去に良い医師が来たことがなかったからか、あまり歓迎されなかった。また、4ヶ月前から来ていた看護師の星野彩佳から、診療所に来る患者は少なく、来ても応急処置だけを受けた後、船で6時間かけて本土の病院へ行くことを聞かされる。 実際になかなか患者が来ない中、島に来るときに運んでもらった漁師・原剛利の息子が最初の患者となり、これを見事な手術で助ける。原は、お礼として診療所に看板を贈るが、名前を間違えられていて、看板は「Dr.コトー診療所」となっていた。 それ以後、五島は多くの患者の治療とその人柄により、島民の信頼を得ていくことになる。
(出典:wikipedia)