アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

リトルウィッチアカデミア キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『リトルウィッチアカデミア』(Little Witch Academia)は、2013年3月2日に『アニメミライ2013』の一作として公開されたTRIGGER製作のアニメ映画作品。 2015年には続編として『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』が2015年10月9日に2週間限定で公開される。こちらは『アニメミライ』作品ではなく、単独企画作品となる。 文化庁若手アニメーター育成プロジェクト『アニメミライ2013』の参加作品として『龍 -RYO-』『デス・ビリヤード』『アルヴ・レズル -機械仕掛けの妖精たち-』と共に2013年3月2日公開された[1]。『天元突破グレンラガン』や『Panty & Stocking with Garterbelt』の今石洋之をはじめとするスタッフが2011年に立ち上げたTRIGGER制作の劇場第1弾作品[2]。シャイニィシャリオのキャストは当初公開されておらず、公式サイトでキャストを当てるキャンペーンが行われた。また、文化服装学院コラボレーションとして公式でコスプレ衣装も制作され、主人公を務めた潘めぐみは2013年3月2日の初日舞台挨拶で人生で初のコスプレ姿を披露している[3]。2013年4月にはYouTubeで英語字幕付きで期間限定全編無料公開され[4]、海外ネットユーザーから続編を作って欲しい等の多く絶賛コメントが寄せられた[5]。 2013年には日本でのBlu-ray発売のほか、北米でacttilよりBlu-rayが海外発売[6]。 2013年7月のアニメ・エキスポで大塚雅彦から続編製作を公表している[7]。続編の製作資金を集めるために、クラウドファンディングサイトのKickstarterで2013年7月8日から協力者を募ったところ、開始から5時間で目標額の15万ドルに達成し[8]、8月8日までの一ヶ月の募集期間で総額62万5518ドル(当時のレートで約6000万円)を調達した[9]。 『アニメミライ』のテーマが"新人育成"を目的としたプロジェクトであることから、物語のあらすじもそれに則ったものになっている。監督の吉成曜曰く「新人アニメーターの話を別のものに置き換えできないか」というアイデアを元に、「新人アニメーターが、深夜枠の魔女っ子アニメに憧れて来ました、みたいなノリ」をテーマに書いたとインタビューで発言している[10]。 2015年6月5日より『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』の上映劇場で前売り券とムビチケが販売開始となり、10月より期間限定で劇場公開されることが決定した。[11] 2015年7月3日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催された「アニメエキスポ」にて、『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』の、プレミア上映が行われた。[12] 2015年10月4日 23:30~24:30にアニマックスで特別番組『最新映画公開記念「リトルウィッチアカデミア」のすべて!』(キャストへのインタビューや密着ドキュメンタリー映像など)が放送される。[13] 2015年10月9日公開のアニメ映画『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』では、前作と同時上映が行われる。[14]
(出典:wikipedia)