アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

蒼の彼方のフォーリズム キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『蒼の彼方のフォーリズム』(あおのかなたのフォーリズム)は、spriteより2014年11月28日に発売されたアダルトゲーム。略称は『あおかな』[s 2]。テレビアニメ化が予定されている[s 3]。 萌えゲーアワード2014で萌えゲーアワード大賞・ユーザー支持賞・11月月間賞[3]の3部門を受賞している[4]。 spriteの第2作であり、第1作『恋と選挙とチョコレート』(2010年10月発売)以来の新作である[2]。大空を舞台としたフライングサーカス(Flying Circus, FC)と呼ばれる架空のスポーツを題材とした美少女ゲームである[1][2]。 作品の企画は、プロデューサーのサカモトアキラが木緒なちに話を持ちこんだ2013年1月頃から始まった[2][5]。サカモトから見せられたイメージイラストとキーワード「空」を元に木緒が大まかな企画を立て、その時点で「空を飛べる靴」「海と空と島でスポ根」など本作の原型が生まれていた[5]。当初の企画はSF色が強いものだったが、ブランド前作『恋と選挙とチョコレート』が純粋な学園ものだったため、ファンが入りやすくするために「学園ものをベースにしたSF要素のある作品」として現在の形となった[5]。作中のスポーツ「フライングサーカス」は、球技が好きな木緒と格闘技系が好きな渡辺遼一とで話し合い、球技系のポイント加算型で1対1のバトルも楽しめるスポーツ、というアイデアから作られた[2]。作品舞台の島々は五島列島をモデルにしている[2]。 タイトル中の「フォーリズム」は、ポップス音楽における4つの楽器パート(ギター、ベース、ドラム、キーボード)のことで、「みんなで力を合わせて一つのことを作り上げる」という意味で付けられている[5]。sprite公式サイトにおけるディレクトリ名は"4rhythm"となっている[s 4]。 タイトルロゴには Beyond the sky, into the firmament.(空を越えて、大空の中へ。) という英文が併記されている。また作品タイトル『蒼の彼方のフォーリズム』の英訳は、"Four Rhythm Across the Blue"となっている[s 5]。 キャッチコピーは「少女たちが空を駆け、恋を知る物語。」[s 2]、ゲームジャンル名は「少女たちが空で闘い、恋を知るADV」となっている[s 1]。 当初は2014年9月26日に発売予定とされていたが、後に11月28日に延期となった[s 6]。2014年11月14日、ゲームの発売2週間前にテレビアニメ化が発表された[s 3]。ゲームの初回限定版には原画集が同梱された[s 1]。 反重力・シューズ・グラシュの発明で人間が空を飛ぶことが普通になり、グラシュを使った新しいスカイスポーツ「フライングサーカス」(FC)が行われている世界。かつてFCの有望選手だった日向晶也は、とある経緯で競技から遠ざかっていた。そんな彼の通う久奈浜学院に内地から倉科明日香が転入してくる。彼女にグラシュでの飛行方法を教える内に、晶也はFCへの情熱を取り戻して学院のFC部に加入。ヒロイン達と交流しながら共にFCへ取り組んでいく。
(出典:wikipedia)