アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

少女たちは荒野を目指す キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『少女たちは荒野を目指す』(しょうじょたちはこうやをめざす)は、みなとそふとより2016年3月25日に発売される予定の全年齢対象のPCゲーム。副題は"Girls beyond the youth KOYA"で、公式略称は『しょこめざ』または『荒野』。2016年1月にテレビアニメが放送開始予定。 『少女たちは荒野を目指す』は2013年12月27日に『電撃G's magazine』2014年2月号において制作が発表された[1]。タカヒロがプロデュースした4つの作品群である「タカヒロIVプロジェクト」の第1弾であり[2]、原画は松竜、シナリオは田中ロミオが担当する。松竜とロミオは以前『CROSS†CHANNEL』において共同制作した経験を持つ[3]。作品の制作は、タカヒロが自分の好きな作家である田中ロミオに企画を持ち込み、『CROSS†CHANNEL』でロミオとつながりのあった松竜にも声をかけたことによって始まった[4]。他の「タカヒロIVプロジェクト」の3作品『アカメが斬る!』『鷲尾須美は勇者である』『結城友奈は勇者である』とは異なり、本作品ではタカヒロは企画のみを担当し、シナリオの執筆はしていない[5]。なお、本作は「タカヒロIVプロジェクト」の第1弾とされているが、実際に作品がリリースされたのは、他の3作品よりも後である。 2013年末以降、長く情報の更新が途絶えていたが、2015年8月22日、最初の発表から1年半以上が経過した後にゲームのティザーサイトが設置された[6]。10月23日にはゲームの体験版が公開され[7]、同時にテレビアニメのティザーサイトが開設された[8]。10月30日に『電撃G's magazine』2015年12月号においてもテレビアニメ化が発表された。[9] 2016年1月から3月までテレビアニメが放送され、放送終了後の3月25日にPCゲーム『少女たちは荒野を目指す 初回版』と『少女たちは荒野を目指す アニメEdition』が発売予定。『アニメEdition』にはPCゲーム版オリジナルアニメが収録されたBlu-ray Discが付属される[10]。 作品の内容は美少女ゲームを制作・販売することを目指す少年少女たちを描く青春群像劇である。『少女たちは荒野を目指す』という題名には「人生という荒野を切り開いていく」という意味が込められており[11]、物語の中においては、熾烈な販売競争が繰り広げられている美少女ゲーム業界のような厳しい世の中のことを、登場人物たちが「荒野」と呼ぶシーンがしばしば見られる。この作品における「美少女ゲーム」は成人向け、すなわちアダルトゲーム(エロゲー)であるが本作品自体は全年齢対象、すなわちギャルゲーに分類される。タカヒロは、なるべく多くの人に美少女ゲーム業界のことを知ってほしかったため、今作を全年齢対象としたのだという[12]。本作品のゲームのストーリーは二部構成となっており、第一部は学園生活を主体としているが、第二部では登場人物たちが社会人になってからの話が描かれる[5]。 神奈川県に暮らす学園生の北条文太郎は特に将来の目標を抱くこともなく、日々を過ごしていた。彼はある日、クラスメイトの黒田砂雪から美少女ゲームの制作を手伝ってほしいと頼まれる。彼女は文太郎にシナリオライターの資質があると考え、自分をスカウトしてきたのだった。しかし、文太郎は美少女ゲームに詳しいわけではなく、一方の砂雪は企画者であっても作画などの技術はない。砂雪の指示を受け、文太郎は学園内からゲーム制作に必要な人材を集めることになる。
(出典:wikipedia)