アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

文豪ストレイドッグス キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『文豪ストレイドッグス』(ぶんごうストレイドッグス)は、原作:朝霧カフカ・作画:春河35による日本の漫画作品。『ヤングエース』2013年1月号より連載中。2015年8月にアニメ化が発表された[1]。 太宰治、芥川龍之介、中島敦といった文豪が擬人化(キャラクター化)[2]され、「人間失格」、「羅生門」、「月下獣」といったそれぞれのキャラクターに対応する異能力を用いて戦うアクション漫画である。 この作品が生まれたきっかけについて、原作者の朝霧は「文豪がイケメン化して能力バトルしたら絵になるんじゃないかと、編集と盛り上がったから」と述べている[3]。また、舞台が横浜市になったことについては作画担当の春河が自分が横浜の出身であるからとのこと[4]。 全国書店員が選んだおすすめコミック2014で第11位[5]。単行本は170万部を突破している[6]。 2014年4月1日より、小説版の刊行が開始されている。『小説屋sari-sari』2015年10月号からは、外伝小説「文豪ストレイドックス 外伝 京極夏彦VS綾辻行人」が連載される。 孤児院を追い出され、横浜市を放浪する少年・中島敦は鶴見川に飛び込んで溺れかかっていた太宰治を助ける。それをきっかけに敦は太宰が所属する武装探偵社が追う巨大な虎の捜索を手伝うことになる。太宰と共に虎の出現を倉庫街で待つ敦に対して、太宰は敦こそが虎の正体だと告げる。実は敦は無意識のうちに虎に変身して徘徊しており、それゆえに孤児院を追い出されたのだった。敦は自分の能力を制御出来ず太宰に襲いかかるが、太宰は相手の能力を無効化する人間失格を発動して、敦を鎮静化させ、さらに敦が武装探偵社の社員になれるよう尽力する。 採用試験を経て武装探偵社に就職することになった敦だが、敦の就職後、武装探偵社はポートマフィアの襲撃を度々受けるようになる。実は敦には闇の世界で70億の懸賞金がかけられ、その懸賞金で裏社会を牛耳ろうとするポートマフィアの芥川龍之介が敦を狙っていたのである。 太宰はポートマフィアに潜入し、敦に多額の懸賞金がかけられた理由を知ろうとするが、一方で敦には芥川の魔の手が迫っていた。 
(出典:wikipedia)