アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

月の夜 星の朝 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『月の夜 星の朝』(つきのよる ほしのあさ)は、本田恵子による日本の漫画作品。 『りぼん』(集英社)本誌にて、1983年2月号から1985年11月号まで連載された。全34回。コミックス全8巻、文庫版全4巻。いずれも集英社発行。 本田恵子の初期の代表作であり、また同作者が『りぼん』に発表した作品のうち最も長い作品である。当時大ヒットとなり、同じ頃に連載されていた池野恋の「ときめきトゥナイト」と人気を争った。コミックス第1巻の「作品かいせつ」に「恵子タンが、パワー全開で描いたときめきの初恋ロマン」とある。また文庫版第4巻の作者自身によるあとがきに「私の、初めての連載で、私の原点とも言える作品です」とある。 1984年には青田浩子主演(梁川りお)で映画化され、主題歌のレコードも発売された。 なお、本作品においてはバスケットボールが全体を貫く重要なモチーフとなっているが、同じモチーフは、『月の夜 星の朝』以前に発表された初期作品「トレーナーのイブ」(『りぼん』1981年12月号)「朝焼け坂ロック」(『りぼん』1982年3月号、4月号)の2作品にも見える。 鏡子(りおの叔母)と虎彦(遼太郎の叔父)の結婚式の場面から物語は始まる。結婚式に出席していた当時4歳のりおと遼太郎は、大人たちの前でキスをして周りを驚かせる。それから10年の歳月が流れ、中学生になった2人は、中学対抗バスケットボール大会の決勝戦で偶然再会する。りおは中学生になっても遼太郎にほのかな思いを寄せているが、バスケ部の先輩の森村から告白され、2人の間で気持ちが揺れ動く。 りおは鏡子の紹介で3時間のテレビドラマ『北風のうしろの国へ』に出演することになる。最初は単なるエキストラの予定だったが、主人公の幸美を演じるはずだった杉田聖子が足をケガしたため、その代役を務めることになる。りおは亡くなった幸美が遼太郎を好きだったことを知り、幸美に複雑な感情を抱く。相手役の遼太郎はりおとの共演に拒否反応を示すが、結局押し切られてしまう。2人はそれぞれ悩みながらもドラマの役作りに取り組んで行く。 そんなところへ、名古屋北山中で遼太郎のクラスメートだった小鹿まゆみが転校して来る。小鹿はやはりバスケットボール部員で、りおをライバル視している。小鹿から遼太郎が本当に好きな相手を教えられたりおは、眠れずに思い悩む。
(出典:wikipedia)