アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

バーコードファイター キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『バーコードファイター』(BARCODE FIGHTER)は、小野敏洋による日本の漫画作品。 『月刊コロコロコミック』(小学館)で1992年4月号から1994年7月号まで連載された。 1991年にエポック社から発売された「バーコードバトラー」および「バーコードバトラーII」、「バーコードバトラーII2(ダブル)C0」、「C2」をモチーフにしている。玩具とのメディアミックス作品として連載を開始した。 ストーリーは大きく分けて「前編」「全国バトル選手権編」「武装恐竜軍団(ダイナアームズ)編」「桜を救え!編」の4つに分類できる。全30話。 単行本は全5巻で、長らく絶版となっていたが、2004年12月15日に復刊ドットコム(fukkan.com)から上下巻本として復刊され、あとがきに代えたマンガに於いて「あくまでも抗議や苦情が原因ではなく、単に人気の低迷により終了した」と作者の小野敏洋自身が語っている。 連載当時の『コロコロコミック』には、付録としてバーコードバトラーで使用できる同作品のカードが付くこともあった。 四鷹市にあるアミューズメントゾーン“ドラゴン”に、最新鋭の超大型体感ゲーム施設“ゲームドーム(GD)”がオープンし、バーコードをマシンに入力して戦う新感覚ゲーム“バーコードファイター”が大人気となっていた。ゲームドームの特徴はVRシステムとドーム天井を覆う巨大モニターにある。プレイヤーは“シミュレーター”と呼ばれる筐体に乗り込み、HMDを装着してゲームを進める。観客はドームの天井一面を使った巨大なディスプレイで観戦することが出来るようになっている。 ある日、虎堂烈は幼馴染の有栖川桜に勧められてプレイするも一撃で敗退してしまう。しかし対戦相手の掛須巧に挑発され一念発起、リベンジを果たす。 御沙吾真、清白彩など様々なライバルに出会いながら次第に強くなっていく烈の前に、“バーコード皇帝(エンペラー)”ニーズホッグなる者が現れる。エンペラーはGDのネットワークに侵入して全店を支配し、より強いバーコードを求めて勝負を挑んでくる。 エンペラーと因縁があるという清白の兄“バーコードマスター”竜胆岳と共に対エンペラー用の特訓にやってきた烈達一行は、大阪店のチャンピオン阿鳥改と出会う。桜に一目惚れする阿鳥だったが、一緒に入ることになった温泉施設で、桜が実は女性ではなく男性だった事が判明してしまう。ショックから桜を「オカマ」と罵る阿鳥に対し、烈は桜の名誉を守るためにバーコード勝負を挑む。
(出典:wikipedia)