アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

のりりん キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『のりりん』は、鬼頭莫宏による日本の漫画作品。『イブニング』(講談社)にて、2009年(雑誌番号は2010年2号)から2015年7号まで連載。単行本は全11巻。自転車を題材とした自転車漫画である。 もともと自転車嫌いで、走り屋仕様の自動車を乗り回していた主人公が、とあるきっかけで自転車に乗らざるを得ない状況に追い込まれ、自転車の魅力に目覚めて行く。コメディセンスもあり、地方都市の独身男女の群像劇としても楽しむこともできる[1]。 南信長は自転車での走行シーンの描写を本作の見どころに挙げると共に、主人公視点で描いた自転車という乗り物の特性の描写を評価している[1]。 イベント企画兼広告代理業を営む地元の零細企業に勤めるノリこと丸子一典は自動車好きで公私ともドライブするのが日課であったが、ある日、交差点を右折する際に対向車線をタイムトライアルバイクで走っていた女子高生、織田輪をあやうく轢きそうになり、警察沙汰を避けたかったため免許証を輪にあずけてしまう。その後、呼び出されて合コンに参加した友人達を乗せているときに杏真理子に酒を口移しされ酒気帯びとなり、その直後に警らに遭遇。定員超過と免許不携帯で免許証取消が確定してしまう。 ノリは、それまで早く走れないという理由づけ、その実は高校時代の友人三ツ渕進との確執で、自転車には乗らずにいたが、織田家に唆されて自転車に乗る(ポタリングする)ハメになる。 やがて、織田家の営むラーメン屋「輪」の常連客、等々力潤との自転車勝負などを経て、丸子の仲間たちも自転車に乗りだし、ツーリングやロードレースに参加して行く。 三ツ渕進との再会をきっかけに、輪の好きな人の秘密、ノリが自転車に乗らない理由の秘密を賭けた、輪とノリの競争が行われる。輪は自身の初恋の相手が三ツ渕だと思っていたが、それが実はノリだったことに気付く。ノリの後ろを走っていることが楽しいと、賭けを忘れかけていたが、ドマチの余計なひと言で我に返り、一気に抜き去っていった。 夏休みが終わり、自身の身の丈にあったスピード、それを他ならぬ自分の肉体が産み出しているという快感。ノリと倫は相変わらず2人で自転車通勤/通学をする。
(出典:wikipedia)