アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

REDLINE キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『REDLINE』(レッドライン)は、2010年10月9日公開の日本映画。アヌシー国際アニメーション映画祭上映作品。 マッドハウス制作のアメコミ調のSFカーアクションアニメ。監督は『アニマトリックス ワールド・レコード』の小池健。主演は木村拓哉。製作期間は7年を要し手書きアニメに拘り作画枚数は約10万枚にも及んだ。ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第1位になるなど、20代を中心に幅広い世代から好評となった[1]。2010年1月17日に亡くなった郷里大輔にとって、本作で演じたゴリライダーが最後の出演となったことから、彼の遺作でもある。 2010年8月25日にハヤカワ文庫より牧野修著作で小説化。2010年9月22日にはTSUTAYA限定でクライマックスシーン約9分間を収録した『ナビゲートDVD』が無料レンタルされた。 キャッチコピーは「限界を超えろ」。 勝利のために武器搭載も許されるカーレース『REDLINE』。巨大なリーゼントでクールに決めるものの超シャイな純情男、JPは武器を持たず速さだけで勝つことに拘っていた。相棒のフリスビーはJPの夢を知りつつも八百長レースのために爆弾を仕掛け、敗退させなければならなかったが、それでもJPは走り続ける。そんな中、出場棄権が続出した史上最悪のロボワールドが開催地に決定された。
(出典:wikipedia)