アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

うどんの国の金色毛鞠 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『うどんの国の金色毛鞠』(うどんのくにのきんいろけまり)は、篠丸のどかによる日本の漫画作品。『月刊コミック@バンチ』(新潮社)にて2012年8月号より連載中。 香川県を舞台にした、ハートフルファンタジー[1]。香川で行われた『キャラフェス 2013』のポスターに起用され[2]、作中に登場する高松琴平電気鉄道(ことでん)とのコラボレーションとして2014年11月3日からラッピング電車が長尾線で運行されている[3][4]。また、第1話がpixivコミックとして配信されている[5]。 2016年2月に、本作のキャラクターである「ポコ」が香川県より「うどん県広報部長」(観光大使の一種)に任命された。[6] 俵宗太は香川県出身で30歳独身。実家の俵製麺所は旅行のガイドブックにも掲載されるほどのうどん屋だったが、店を継ぐのが嫌で上京。その間に親が亡くなって製麺所は廃業、現在はウェブデザイナーをしている。 ある時、宗太が実家に帰省すると、実家の製麺所の使われていない釜の中で子供が眠っていた。その子供はうどんを生食するなどの奇妙な行動を見せ、さらにあることがきっかけで宗太はその子供の正体を知ることになる。
(出典:wikipedia)