アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

モンスター娘のいる日常 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『モンスター娘のいる日常』(モンスターむすめのいるにちじょう)は、オカヤドによる日本の漫画作品。『月刊COMICリュウ』(徳間書店)にて2012年5月号[1]より連載されている。略称は「モン娘(もんむす)」。 人外の種族との交流について定めた法律「他種族間交流法」が施行されたことで、他種族が浸透し始めた現代社会を舞台とした漫画作品。 この漫画は、オカヤドが2007年頃からPINKちゃんねるにある半角二次元板のモンスター娘スレに投稿していた成人向け1ページ漫画が基になっている。漫画の人気が高まる中、2011年にはアンソロジーコミックス『けもも』2巻に本作の読み切り版が掲載され、商業誌進出のきっかけとなった。そして2012年に『月刊COMICリュウ』で本作の連載が開始された後、2015年3月にはテレビアニメ化が発表され、同年7月より9月まで放送された。 連載版からはさすがに成人向けではなく15禁となっているが、際どい表現も比較的多い。 なお、タイトルの英語 舞台は政府によって秘匿されていた亜人種の存在が公表され、それと共に制定された「他種族間交流法」に基づいて、他種族との交流が始まった現代日本。 ごく普通の青年である来留主公人は、手違いから偶然にラミアの少女・ミーアをホームステイさせることになった。 それをきっかけに公人の周りにはラミアの他にハーピーやケンタウロス、スライムに人魚、アラクネ、デュラハン…と、ありとあらゆるモンスター娘がやってきて、生態や文化などの違いに悪戦苦闘しつつも、ほんのりエッチなドタバタ同居生活を繰り広げることになる。
(出典:wikipedia)