アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

斉木楠雄のΨ難 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『斉木楠雄のΨ難』(さいきくすおのサイなん)は、麻生周一による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中。 超能力者の高校生・斉木楠雄を主人公とするギャグ漫画。略称は『斉木』など[1]。話数カウントは「第○χ(-カイ)」。 読切『超能力者 斉木楠雄のΨ難』が複数回掲載されたのち、『週刊少年ジャンプ』2012年24号より連載が開始された。詳細は制作背景・読切版参照。 「Ψ」とは、超能力を表すギリシア文字で、本作のサブタイトルや単行本のタイトルにも使われている(「超能力者のΨ難」など)。なお、本作において「Ψ」は英語の発音に倣って「サイ」と読まれているが、一般的には「プサイ」「プシー」などと表記される。  基本的には一話完結型だが、複数回に渡って続くエピソードもある。主人公の斉木が狂言回し(語り手)を兼ね、第四の壁を破って読者にモノローグで語りかける形式を取り[注 1]、しばしばメタフィクションなセリフも発せられる。尚、斉木が直接言葉を発する描写は省略されている。 2012年9月以降3回に渡りVOMIC化され、2013年8月には『ジャンプLIVE』でFlashアニメ化された。また2015年6月には実写映画化が発表された[2]。出演者、公開日などの詳細は後日公開予定。 また、2016年5月9日発売の週刊少年ジャンプではアニメ化も決定された。放送は同年7月スタートする。主人公・斉木楠雄の声優を神谷浩史が務めるほか、小野大輔が燃堂力、島崎信長が海藤瞬、岩田光央が楠雄の父・斉木國春、愛河里花子が楠雄の母・斉木久留美を演じる。 生まれながらに超能力を持つ男子高校生・斉木楠雄。面倒を避けたがる彼は超能力者であることがばれないために目立たないよう生活している。しかし、そんな斉木の下に個性的なクラスメイト達が集まってくる。
(出典:wikipedia)