アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

気まぐれコンセプト キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『気まぐれコンセプト』(きまぐれコンセプト)は、ホイチョイ・プロダクションズ(作・馬場康夫、画・松田充信)による日本の4コマ漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、1981年から連載開始。 『ビッグコミックスピリッツ』誌上の最長連載作品。基本的に見開き2ページに1コマ漫画(コマ割りする場合もある)1本、4コマ漫画3本が掲載されているスタイル。長期連載であるにもかかわらず、1984年に1冊発刊されて以来単行本化されていなかったが、2007年1月に『気まぐれコンセプト クロニクル』として1984年以降の23年分を再編集して単行本化された。更に、2016年2月には連載開始の1981年から2015年までの35年分の作品がより抜きされた『気まぐれコンセプト 完全版』が発売された。 広告業界を舞台にして、広告マンの日常を時事的トピックを織り交ぜながら4コマ化している。電通や博報堂、東急エージェンシーやマッキャンエリクソン、JWTや読売広告社などの実在の広告代理店名が登場するが、プロダクション主要メンバーとの関係からやたらと電通を誉めそやしたり、その扱いクライアントの広告の記述が多いほか、ライバルの博報堂を落とす記述が多い。またなぜか第3位のシェアを持つアサツー ディ・ケイ(前身の旭通信社や第一企画も含めて)は全くと言っていいほど登場しない。また実在する企業の広告(IDOやジョージア、マクドナルドやサントリーなど)がよく掲載される。ただし、広告が終わった途端に態度を翻すような漫画が描かれることも多い。 連載開始から34年目の2015年4月に松田充信が腱鞘炎のために降板したため[1]、作画が松田から伊尾仁志に交代、“2nd season”と銘打たれた[2]。フジテレビ系のコント番組「ココリコミラクルタイプ」内において一部のネタが映像化されている。
(出典:wikipedia)