アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

思い、思われ、ふり、ふられ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『思い、思われ、ふり、ふられ』(おもい、おもわれ、ふれ、ふられ)は、咲坂伊緒による日本の漫画作品。『別冊マーガレット』2015年7月号から連載されている[1]。単行本は2016年6月24日現在既刊3巻。略称はふりふら[2]。 恋愛観の異なる女子高校生2人をヒロインに描いた群像劇[1]。物語はヒロインの女子高校生のほか男子高校生2人を交えて展開する[3]。 人見知りが激しく、他人と話すのが苦手で、自分に自信が持てない市原由奈は、高校進学を機に引っ越す親友を見送りに行った際、子供の頃に読んだ絵本に出てきた王子様そっくりの男子を見かける。同じく離れ離れになる友達を見送りに来ていた山本朱里とひょんな事で知り合い、朱里が同じマンションに引っ越してきた同級生だと分かる。 少女漫画の恋愛に憧れ、夢見がちで消極的な由奈と、明るく積極的で現実的な恋愛を楽しむ朱里、2人は正反対の性質だが、不思議と親しくなっていく。由奈が気になっていた「王子様」が朱里の弟・理央であることが判明、恋愛未経験の由奈は理央への気持ちは恋ではないと思っていたが、次第に自分が理央を好きになったことに気が付く。朱里は姉の目から見て、由奈には理央を薦められないと伝えるが、由奈の人生初の恋を応援しようと決心する。朱里は、由奈が唯一親しく話せる幼なじみ・乾和臣のストレートな言動にドキドキさせられる。4人の青春が始まる。
(出典:wikipedia)