アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

ピーナッツ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『ピーナッツ』(英: Peanuts)は、アメリカの漫画家チャールズ・M・シュルツによる漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 1950年10月2日から連載開始(1947年から1950年まで本作の前身である『リル・フォークス』が連載された)。最後の掲載は、デイリー版が2000年1月3日、日曜版が作者シュルツが死去した翌日の同年2月13日だった。 掲載された雑誌は2,000誌を越え、世界75カ国・21言語で3億5,500万人以上の読者を持ち[1][2]、コミックの総発行部数は4億部を越える[3]人気作品である。エージェントはユナイテッド・フィーチャー・シンジケーツ(現・ユナイテッド・メディア)を経て現在(2011年頃からか)はピーナッツ・ワールドワイドLLC。基本は月曜から土曜の新聞に4コマ漫画、日曜版に若干長いバージョンが載せられていたが、前者については1980年代後半からはコマ割が一定しない(1 - 5コマまで)形になった。 タイトルには「ピーナッツでも食べながら、気軽に読める漫画」にしたいという作者の願いが込められていたという説があるが、シュルツはこれを否定し、タイトルはユナイテッドがシュルツに相談せず、勝手に決めたことを明らかにしている[4]。英語の peanuts(ピーナッツ) とは「つまらないもの、取るに足らないもの」といった意味があり、シュルツはこれを踏まえて「だから、私はこのタイトルに決まった時は不満だった」と語っている。彼自身はタイトルを『Good Ol' Charlie Brown』(後年になってから、このタイトルも併記していた時期がかなりある)もしくは『Charlie Brown』とするか、でなければ、この作品の前身・原型である『Li'l Folks(小さな人々)』をそのまま使いたかったという[4]。 数多くの賞を獲得し、またキャラクター商品は到底数え切れないほど発売されている。1969年、チャーリー・ブラウンとスヌーピーの名前がアポロ10号の指令船と月着陸船の名前に採用された。 1983年、テーマパークとしては初めて、南カリフォルニアのナッツベリーファームがライセンス契約を結び、ピーナッツのキャラクターをメインに据えたアトラクションを設けた。
(出典:wikipedia)