アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) 名脇役 ロングストレート

ルドルフとイッパイアッテナ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『ルドルフとイッパイアッテナ』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
174回
173回
172回
171回
170回
169回
168回
167回
166回
165回
164回





閉じる作品詳細
『ルドルフとイッパイアッテナ』は、斉藤洋の児童文学作品。1986年度の講談社児童文学新人賞入選作で、翌1987年に講談社から出版された (ISBN 4-06-1335057)。挿絵は杉浦範茂による。 1991年に、NHK教育テレビの『母と子のテレビ絵本』(現『てれび絵本』)で堀口忠彦絵、毒蝮三太夫の語りによりアニメ化され、国際児童2016年に劇場アニメ化された(後述)。 ひょんな事から岐阜から東京(江戸川区)へ行ってしまった猫のルドルフは、そこで教養のある猫イッパイアッテナに出会う。ルドルフはイッパイアッテナと気が合い、イッパイアッテナはルドルフを岐阜に帰らせる方法を模索する。ルドルフはその間にイッパイアッテナから字の読み書きを習う。その後、友達となる飼い猫ブッチーとも出会い、岐阜へ帰る方法を発見した。しかし岐阜へ出発する前日にイッパイアッテナがブルドッグのデビルとの喧嘩で重傷を負ってしまう。
(出典:wikipedia)