アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 主人公 髪色(黒) 髪色(茶) 名脇役 ロングストレート

哀しみのベラドンナ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『哀しみのベラドンナ』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
171回
170回
169回
168回
167回
166回
165回
164回
163回
162回
161回





閉じる作品詳細
『哀しみのベラドンナ』(かなしみのベラドンナ)は、虫プロダクションが制作した劇場用アニメーション映画である。封切は1973年6月30日。本編画面に表示されるタイトルは、ジュール・ミシュレによる原作『魔女』の原題を冠した『la sorcière 哀しみのベラドンナ』であるが、劇場予告編、DVDのパッケージ及びライナーノーツ等には『BELLADONNA 哀しみのベラドンナ』と表記されている。北米版のタイトルは『Belladonna of Sadness』であった。 『千夜一夜物語』『クレオパトラ』と続いた虫プロダクション制作の劇場用成人向けアニメシリーズ「アニメラマ」の成功を受けて制作された劇場用映画である。娯楽性が強かった先の2作とは一線を画し、「アニメロマネスク」なるキャッチフレーズのもと、文芸色を深めたストーリー、耽美的エロティシズムに満ちた作画が展開されている。また、手塚治虫は全くのノータッチである。直接的な性的描写が用いられた場面もいくつかある[1]。 『千夜一夜物語』と『クレオパトラ』は、制作進行上の問題から、大量のアニメーターを動員せざるを得ず、絵柄の統一と作画クオリティの保持に難点があった。そこで本作では、長期間を費やして少人数で制作するスタイルが採られ、結果、当初の予定を約10ヵ月オーバーして完成した。
(出典:wikipedia)