アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

黄金バット キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回
138回





閉じる作品詳細
『黄金バット』(おうごんバット)は、昭和初期の紙芝居のタイトルロールの主人公。金色の骸骨の姿をし、黒いマントを着ていた。昭和後期に漫画・映画・テレビアニメ化された。一般的には悪の象徴とされる骸骨であるが、黄金バットでは正義のヒーローとして描かれている。「高笑い」と、ともに現れる金色のコウモリが印象的である。スーパーヒーローとアンチヒーローの両面をもつ主人公で、現代からみても斬新な設定である。 黄金バットは1930年(昭和5年)、街頭紙芝居の主人公として「黒バット」が好評だったことから主人公を黄金色にした原作絵19枚を永松健夫が描いて誕生。「黒バット」の最終回に、それまで無敵であった悪役の黒バットを倒す正義のヒーローとして初登場した。紙芝居制作は蟻友会の後藤時蔵、高橋清三、田中次郎らによる。当時は台詞は書いてなく口伝であった。
(出典:wikipedia)