アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) ロングストレート コラム

こまねこ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『こまねこ』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回
182回





閉じる作品詳細
『こまねこ』とは日本の人形アニメ作品。NHKのマスコットキャラクター「どーもくん」を手がけたスタッフが作成した。タイトル名は「こま」撮りをする「猫」だから、「こまねこ」。 2003年、東京都写真美術館の『過程を見せる展覧会。“絵コンテの宇宙ーイメージの誕生”』展で、「 撮影現場そのものも展示してしまおう」という試みから、シネマライズで5話完結のシリーズとして、1分ほどのショート・ショートフィルム「こまねこ はじめのいっぽ」が公開された。それを見て、こまちゃんのファンになる方が急増。 2006年4月、DVD「こまねこ はじめのいっぽ」が発売。同年冬、長編「こま撮りえいが こまねこ」が完成。全国劇場公開された。 2007年4月、DVD「こま撮りえいが こまねこ デラックス版」が発売。 2008年2月、モスバーガーのモスキッズメニューのおまけで、こまねこ「ぱらぱらえほん」が配布され、6月に第二弾が配布された[1]。同年7月、ニンテンドーDSソフト「こまねこDS」が発売。 2009年7月、Hondaフィットのプレゼントキャンペーンにおいてキャンペーンキャラクターとしてこまちゃんが登場。同年11月7日「こまねこのクリスマス ~迷子になったプレゼント~」が全国劇場公開。同年12月2日にはDVD-BOXの発売された。 2010年8月、こまちゃんが第一三共ヘルスケア『カコナールV2顆粒』のイメージキャラクターとなり、同年10月からのCMで谷村美月と共演[2]。 2011年12月17日と12月31日に『ドワーフのアニメ映画まつり』と題して、他のドワーフ作品と共に「こまねこのクリスマス」と「ほんとうのともだち」を劇場公開。 2013年2月23日「こまねこのおるすばん」が川本喜八郎人形美術館で公開。 2014年2月24日『こま撮りえいが「こまねこ」&「こまねこのクリスマス」』の24時間上映をニコニコ生放送で生配信。来場者数14万人で、放送終了後のアンケートで「とても良かった」が99.4%とニコ生歴代1位の記録となった。
(出典:wikipedia)