アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 主人公 髪色(黒) 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

アホガール キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『アホガール』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回





閉じる作品詳細
『アホガール』は、ヒロユキによる日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)2012年52号から2015年12号まで連載。作者の体調不良により『別冊少年マガジン』に移籍が決まっており、2015年5月15日発売の単行本第6巻にて『別冊少年マガジン』7号(2015年6月9日発売)に第一話掲載予定であることが発表された。 とてつもなく頓珍漢なヒロインの女子高生が、主人公である幼馴染の少年をはじめとする周囲の人物をトラブルに巻き込んでは主人公に突っ込みを受ける、もしくは(鉄拳)制裁されるといったものが通例となる痛快で残念な四コマギャグ漫画。基本1回当たりにつき11本掲載されるが、四コマ漫画の形式を取らない場合もある[1]。 基本的にはテンションの高いスラップスティックで大雑把なコメディが描かれる。 なお、2017年現在、作品中では連載開始時高校1年生であった主人公らが2年生へと一学年進級しており、同時に一部キャラクターが留年するなどしている[2]。 学力テストで5教科全て0点を取るほど頭が悪い空前絶後のアホの子・花畑よしこは、幼馴染の「あっくん」こと阿久津明に説教を受けても的外れな返答しかできず、それがもとであっくんから制裁や突っ込みをうけることがしばしば。次第にクラスメイトの隅野さやか、よしこの自称舎弟になる不良・黒崎龍一、よしこの母・よしえ、あっくんの妹・瑠璃、あっくんに思いを寄せる風紀委員長、あっくんを嫌うギャル3人組、男装したよしこに恋する担任教師の押枝あつこなどを巻き込む、トラブルだらけの残念な日々が続く。
(出典:wikipedia)