アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) 名脇役 コラム

少女終末旅行 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『少女終末旅行』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回
176回





閉じる作品詳細
『少女終末旅行』(しょうじょしゅうまつりょこう)は、つくみずによる日本の漫画作品。webサイト『くらげバンチ』(新潮社)にて、2014年2月21日[1]から連載中。 文明が崩壊した終末世界を生きる少女2人の、どこかほのぼのとした日常を描く。 本作はつくみずにとって初めての商業作品であると同時にオリジナルの長編作品であり、原型にあたる短編作品はのちに単行本第1巻の3話目に収録された「風呂」としてリメイクされた[2]。 つくみずは高校3年生当時からイラストを描き始め、愛知教育大学[3]2年生当時から同人漫画を始めるようになった[2]と同時期に弐瓶勉の『BLAME!』に魅力を感じており、本作の世界観は同作品の影響を受けている[2]。また、当時のつくみずは戦争映画にも興味を持っており、『プライベート・ライアン』に出てきた半装軌車ケッテンクラートを見て二人旅に向いていると感じ、チトとユーリの乗り物として登場させた[2]。 つくみずは「本作の登場人物たちは自分の中の問いかけを代弁するうちに生まれた」としており、劇中でチトが日記をつけるといった場面については「大きな意味はない」とインタビューで述べている[4]。 文明が崩壊した終末世界を2人だけで生きるチトとユーリは、半装軌車のケッテンクラートで廃墟をさまよい、食料を求めてひたすら移動を続けながら、旅の道中でさまざまな文明の痕跡に出会う。
(出典:wikipedia)