アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 主人公 髪色(黒) 髪色(茶) コラム ショートボブ

メガゾーン23 キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『メガゾーン23』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
199回
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回





閉じる作品詳細
『メガゾーン23』(メガゾーンツースリー、MEGAZONE 23)は、1985年3月9日に発売された日本のOVA作品。製作は株式会社あいどる(小野寺脩一)ビクター音楽産業(以下、ビクター音産)。アニメ制作はアートランド・アートミック。略称は「MZ23」。 本項ではAICが制作に加わった続編『メガゾーン23 PART II 秘密く・だ・さ・い』、『MEGAZONE23 III』についても併せて解説する。 以降、特筆しない場合は第1作目に関する記述のみとする。また、本項では便宜上第1作目を『PART I』、第3作目を『PART III』と表記する(本来は「III」のみでPARTは付かない)。 アートミックが企画した1983年のテレビアニメ『機甲創世記モスピーダ』の後番組の企画が原型。ビックウエストのテレビアニメ『超時空要塞マクロス』のスタッフだった石黒昇、美樹本晴彦、平野俊弘、板野一郎などが再び結集して制作に当たることがセールスポイントにされた。このこともあり、メカと美少女・アイドル歌手(声優も現実の新人アイドル歌手)・巨大宇宙船内の都市と、『超時空要塞マクロス』と共通するモチーフが意識して本編に用いられた。ただし、ストーリー的にはコアなアニメファンを対象としたOVAということもあり、歌が世界を平和にした『超時空要塞マクロス』とは対照的に、歌が軍事的プロパガンダに使用されている。 『PART I』は公称約2万6千本のセールスというヒットを記録し、東京・歌舞伎町の名画座ミラノ等で単館の劇場公開もなされた[注 2]。また、オリコンの調査によると本作のセルビデオの初週売上はアニメで過去最高となる7,590本で、第1位を獲得。累計でも26,518本になり、OVAでも過去最高の売上になる(いずれも当時)[3]。本作や『幻夢戦記レダ』の商業的成功により、メカと美少女という一大潮流が当時のOVA業界内外を席捲することになった[4](当時の販売形態やOVAを取り巻く状況などの情報については、#トピックスを参照)。 この人気を受け、翌年の1986年にはAICが制作に加わった続編『PART II』がリリース。1989年には『PART I』『PART II』の数百年後を舞台にした『PART III』が制作された(『PART III』ではアートランドは制作に関与していない)。『PART III』は、『PART I』や『PART II』と時代設定や登場人物が異なるため、タイトル表記が異なる。同様の理由から『PART III』ではなく『III』と表記されている。 本作では各作品ごとにキャラクターデザインが替わっており、その都度全体の画風が大きく異なるのも特徴的である。なお、本作のシンボルとなるキャラクター・時祭イヴは一貫して美樹本晴彦が担当している(ただし、美樹本が作画に関わっているのは『PART I』のみ。『PART II』では門上洋子がイヴ作画監督を担当。『PART III』の設定画は北爪宏幸によってクリンナップされている)。 『PART I』を担当した平野俊弘は、当時のアニメで主流だった少しデフォルメされたタッチで各キャラクターをデザイン。 『PART II』は梅津泰臣が担当、独特の劇画タッチでデザインされたキャラクターは『PART I』から大きくイメージを変え、好難合わせた反応を得たが、結果的に梅津の知名度は一気に上がった。 『PART III』ではさらに北爪宏幸へと変更。シャープな画風は『PART II』のイメージを継承している。 2017年には、『PART I』『PART II』『PART III』と同じ世界観で別の巨大宇宙船内のストーリーを描く『メガゾーン23XI(サイ)』と、『PART I』『PART II』のリメイクである『メガゾーン真-sin-』をクラウドファンディングによって制作する予定であることが、AICから発表された[5]。なお、『XI』はキャラクターデザインを小美野雅彦、メインヒロインデザインを渡辺明夫がそれぞれ担当する[5]。
(出典:wikipedia)