アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) コラム ロングストレート

寄宿学校のジュリエット キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『寄宿学校のジュリエット』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回





閉じる作品詳細
『寄宿学校のジュリエット』(きしゅくがっこうのジュリエット)は、金田陽介による日本の少年漫画。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を翻案した作品であり[2]、東和国とウェスト公国という2つの国家が敵対関係にあるという架空の世界で、東和国の少年とウェスト公国の少女の2人を軸に展開される恋愛模様を描く。 『別冊少年マガジン』(講談社)において、2015年8月号から2017年7月号まで連載された。その後、『週刊少年マガジン』(講談社)に移籍し、2017年43号から連載中。 本作の主人公・犬塚露壬雄はダリア学園という寄宿学校の生徒であり、「黒犬の寮」の高等部1年生のリーダーを務めている。この寮は東和国の生徒が寄宿する学生寮であり、ウェスト公国の生徒が寄宿する「白猫の寮」とは敵対関係にあった。しかし露壬雄は、白猫の寮の高等部1年生のリーダー・ジュリエット・ペルシアに片思いしていた。 1学期のある夜、露壬雄はペルシアに告白する。彼の告白に心を動かされたペルシアはこれを受諾し、2人は他の寮生に隠れて交際を始める。その後、ペルシアの親友のシャルトリュー・ウェスティアと、露壬雄の親友・狛井蓮季が2人の交際を知るが、それ以外の寮生には気づかれないまま、露壬雄たちは体育祭を迎える。体育祭では、白猫の寮のアビ・シニアが奸計をめぐらせ、ペルシアを負傷させるという事件が起きる。露壬雄はアビを成敗するが、その後、チームの敗北を招くミスを犯し、リーダーの座を追われてしまう。 一方、露壬雄の兄で黒犬の寮の監督生を務める犬塚藍瑠は、露壬雄とペルシアの内通を疑うようになる。体育祭終了後、藍瑠は露壬雄を追及するが、露壬雄はペルシアの助力を得て藍瑠の追及を乗り切る。この一件を経て、露壬雄は学園を変えるために監督生になることを決意し、黒犬の寮の監督生・王手李亞を補佐する雑務係となる。その後、夏休みに開催された生徒指導合宿で、露壬雄は藍瑠に一矢を報いることに成功し、このことを寮生に認められ、リーダーに復帰する。 2学期、ダリア学園で学園祭が開催される。そこでペルシアは、学園に来校した母親から、かつて黒犬の寮の寮生と白猫の寮の寮生が恋に落ち、そのことが露見して退学に追い込まれたことを知らされる。
(出典:wikipedia)