アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

平成狸合戦ぽんぽこ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『平成狸合戦ぽんぽこ』(へいせいたぬきがっせんぽんぽこ、英題:Pom Poko)は、1994年7月16日公開のスタジオジブリ制作の劇場アニメ作品。原作・監督・脚本は高畑勲。 開発が進む多摩ニュータウン(多摩市)を舞台に、その一帯の狸が化学(ばけがく)を駆使して人間に対し抵抗を試みる様子を描く作品。数年に1度、日本テレビ『金曜ロードSHOW!』枠で放送されている。スタジオ内の初のCG使用作品でもある。 1994年の邦画・配給収入トップ26億円を記録した[2]。日本で「ジブリがいっぱいCOLLECTION」シリーズとして発売されたセルビデオは、40万本を出荷した[3]。 多摩丘陵で静かに暮らしていたタヌキたち。しかしある時、餌場の争いが発生、原因がニュータウン建設工事に伴う造成地の開拓による餌不足であることがわかった。自然への畏怖を忘れた人間を懲らしめ、静かな生活を取り戻すため、タヌキたちは長く忘れられていた力「化学(ばけがく)」を駆使し、四国と佐渡から狸の長老を招いて人間への抵抗を開始する。 抵抗の手段は、当初一部の過激派による開発業者のトラック等への妨害行為により人間の死亡者が出る等の打撃を与えるが、次第に化け学を駆使して超常現象を目の当たりにさせることで人間の畏怖を引き出そうという方向に変化していく。同時期に四国と佐渡へそれぞれ長老招聘の為の使者が派遣される。長老の到着を待つ間も作戦は行われていたが、大した効果が表れないことから狸達は作戦で疎かになった食料集めに精を出すことになる。一方で四国へ向かった玉三郎は長老達に助力を願い出ることに成功したが、誰を派遣するか、有事の際の跡目相続など議論百出し半年経っても結論が出ないでいた。佐渡へ旅立った文太も高名な長老狸の消息が掴めないでいた。多摩でも手ぬるい作戦に苛立った権太を筆頭とする過激派がついに温和派へクーデターを決行するが、四国から玉三郎が多摩に帰郷し、彼と共にやって来た3人の長老達の指導の下化け学を駆使した「妖怪大作戦」は決行される。当初は狸たちの総力を結集して具現化された百鬼夜行の大行列に、人間界は騒然となる。しかし、見えないものへの畏怖の念を忘れ去った人間たちには魑魅魍魎の百鬼夜行も拍手喝采のイリュージョンにか映らず、レジャーランドの宣伝に利用されてしまう。さらに四国の長老の一匹・隠神刑部も命を落とし、作戦は失敗に終わってしまう。 無念の結果に落胆し、無気力に陥る狸たちに対し、彼らと同じく住処を追われたキツネは四国の長老の一匹・六代目金長と接触し、自分たちのように化け術を駆使して人間社会に溶け込んで生きる方がよいと忠告する。しかし人間社会への迎合を良しとしない権太は仲間を率いて人間たちに玉砕覚悟で挑みかかるも、敗北の末に、トラックに轢かれて命を落としてしまう。そして一部の変身できない狸達は四国の長老の一匹・太三朗禿狸と共に船に乗り込み、賑やかに歌いながら補陀落を目指し死出の旅に出る(補陀落渡海)。さらに佐渡の高名な長老も既に落命していたことが判明し、敗北を確信した正吉たちは、せめても最後の抵抗にと、掟を破り人間のTVクルーの前に姿を現して自分達の思いをぶつけ、金長や佐渡から帰郷した文太を含め残った全員の力を結集し、草や木や石に化け、かつての美しい自然の名残の幻を人間たちに見せつけた。これが功を奏し、狸たちとの共生を謳い文句にして、わずかばかりの手つかずの自然が残してもらえることになった。 その後、化け術を使える狸たちの内、正吉を始めとする温和派の狸たちはキツネの忠告通り人間として生きる道を選び、変身術を使えない狸たちは、わずかに残された山奥にこもり、自然界に踏み込む人間たちの足音に怯えつつ、ひっそりと暮らすことを余儀なくされた。こうして、かつての仲間たちは散り散りになり、狸たちの戦いは終わりを告げた。それから月日は流れ、正吉は人間社会のストレスに耐えながら人間として暮らしていた。 ある夜、仕事の帰り道に1匹の狸を見つけた正吉は、後を追った先で、都会の片隅でたくましく生きるぽん吉らかつての仲間たちを見つける。喜びと共に変化の術を解き、正吉は宴会を開いて賑やかに騒ぐぽん吉たちの元へ駆けつけて、再会を喜びあうのだった。
(出典:wikipedia)