アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート ヒロイン

K キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『K』(ケイ)は、2012年10月から12月までMBSほかにて放送された、日本のオリジナルアニメ作品。 7人組の覆面作家集団「GoRA」原作によるオリジナルアニメーション企画[1]。キャッチコピーは「キズナ」。 超能力者が人類の歴史を裏から支えてきたパラレルワールドの現代日本を舞台に、7人の「王」の下へ集った者たち同士の交流や超能力戦を描く、群像劇である。アニメーション制作はテレビアニメ版『プリンセスラバー!』・『生徒会役員共』やアニメ映画版『マルドゥック・スクランブル』などで知られるGoHandsが担当している。 作中に登場する葦中学園高等学校の校舎群は、学校法人片柳学園の八王子キャンパス[注 1]をモデルとしている。 第13話(最終回)にて続編の製作が発表され、2013年5月26日に劇場公開されることが発表された。詳細は#劇場版を参照。 現実とは微妙に異なった歴史を歩んだ現代日本。7人の王権者とその下に集ったクランたち。 第三王権者・赤の王周防尊が率いるチーム吠舞羅と、第四王権者・青の王宗像礼司が率いるセプター4がぶつかり合う。 ごく普通の高校生伊佐那社は葦中学園高校へ通いながら、1匹の白いネコと共に、おすそ分けのお弁当、暖かな陽だまり、平和な日本を謳歌していた。もうじき始まる学園祭の準備のために買い出しを頼まれた社は、赤いオーラを放つ男たちに突如襲撃され、絶体絶命の危機に陥る。その危機を救ったのは、第七王権者『無色の王』の臣夜刀神狗朗であった。社は感謝を述べるが、狗朗はそんな彼に突如刃を突きつける。 「亡き主の遺命のもと、『悪しき王』を討つ!」 ありふれた幸せな日々に潜む違和感。少年の「日常」が崩れてゆく。「王」が背負っているものとは。 自分が自分でいられる大切な「居場所」を守るため、それぞれの意地とプライド、渇望と約束が火花を散らす。 ねじれ、のたうち、ほつれて、きれる――これは、「絆」の物語。
(出典:wikipedia)