アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

こどものおもちゃ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『こどものおもちゃ』は小花美穂による少女漫画作品、またはこれを原作にしたテレビアニメ。少女漫画雑誌「りぼん」に連載された。単行本全10巻、完全版コミックス 完全版全7巻。また、作中に登場する映画「水の館」は番外編として、単行本「水の館」がある。略称は「こどちゃ」。 人気タレントである少女と、そのクラスメイトで大問題児である少年を中心に進むドタバタ学園ストーリー。 1998年に、第22回講談社漫画賞少女部門を受賞。 学級崩壊、少年犯罪、家庭崩壊、親の離婚など現代の社会問題を「こども」の視点で語っており、少女漫画の枠を越え、様々な世代の支持を受けた。 主人公の役どころは当時の芸能界で注目されていたチャイドルであった。ジュニアアイドルとも呼ばれた子役スターを主人公とし、連載当初~アニメ放映時期の1996年頃では非常にホットでトレンディな題材を扱っていたこともあり、いわゆる「チャイドルブーム」に拍車をかけた。しかし、これら一連のチャイドルブームは瞬く間に沈静化し、芸能界でも社会全般でもチャイドルの話題は騒がれなくなり1998年頃にはブームは消滅していたので、漫画の連載最終巻頃にはあまり話題に上ることはなくなり、ひっそりとした最終巻を迎えている。チャイドルブームが長く続けば第二部で続編が作られるという噂も飛び交ったが、結局噂に留まった。最終巻の最終話ではチャイドルブームが沈静化して天才子役倉田紗南の人気も沈静化したというエピソードが描かれているが、これは同時に紗南の子役からの脱皮と心の成長を暗示した結末ともなっている。
(出典:wikipedia)