アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

侍ジャイアンツ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『侍ジャイアンツ』(さむらいジャイアンツ)は、原作:梶原一騎、作画:井上コオによる日本のスポ根野球漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1971年8月3日号より1974年10月14日号まで連載された。単行本はジャンプコミックス全16巻、梶原一騎傑作全集全12巻、講談社漫画文庫全8巻、梶原一騎原作漫画傑作選全8巻。 テレビアニメ化されて、1973年10月7日から1974年9月29日まで、毎週日曜日19:30-20:00に日本テレビ放送網 日本テレビ系列で放映された。初回放送時は全46話の後サブタイトルを変えた再放送2話の全48回。 宿敵読売ジャイアンツ 巨人の打倒を目指しながら巨人のエースとなる剛速球投手、番場蛮の活躍を描いた野球漫画。 『巨人の星』と並び、巨人の黄金時代期に作られた。当時の『週刊少年ジャンプ』は読売ジャイアンツと独占契約を結んでおり、長嶋茂雄や王貞治など実在の多くの野球選手が登場したことが特徴である西村繁男『さらばわが青春の「少年ジャンプ」』(1994年、飛鳥新社)によると、講談社の『週刊少年マガジン』に掲載された『巨人の星』はこの独占契約に反するものであったが、当時の長野規編集長が漫画界のためにあえて黙認したという。しかし、大野茂著『サンデーとマガジン』(2009年4月、光文社)によると、1965年に『少年マガジン』の内田勝編集長が読売ジャイアンツ広報の坂本幸夫にYGマークと巨人軍選手の『巨人の星』での使用を直談判、ジャイアンツ側がそれを了承し、集英社に契約を破棄したとある(P210)。。ハイジャンプ魔球、大回転魔球など、本当に行った場合ボークとなるような魔球が多かったが、さまざまな魔球の開発と攻略がストーリーの軸となっていた。アニメ放映当時の男子小学生は、分身魔球はソフトテニス 軟式テニスのボールで「再現」するなどして、こぞってこれらの魔球投法の真似をしていた。
(出典:wikipedia)