アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 主人公 イケメン 髪色(黒) 髪色(茶) コラム 名脇役

STAR OCEANシリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
『STAR OCEANシリーズ』の原作マンガ・ラノベをeBookJapanでチェック!
213回
212回
211回
209回
208回
207回
206回
205回
204回
203回
202回
201回
200回
199回
198回
197回
196回
195回
194回





閉じる作品詳細
略称としては「SO」が一般的。この他、「スタオー」や「スタシャン」などと呼ばれることもある。 スターオーシャンシリーズを開発しているトライエースの前身は、スーパーファミコン版『テイルズ オブ ファンタジア』を開発したウルフチームである。そのため、テイルズ オブ シリーズのシステムで酷似した点が多々あるが、SFをテーマにしているところが最も異なる。 主人公や主な冒険の舞台は作品ごとに異なるが、同一世界内の物語であるため多数の共通した設定を持つ。 制作の中心人物であり、現在はトライエースの社長でもある五反田義治が『スタートレック』の熱心なファンであるためか、『スタートレック』からの影響を窺わせるところが随所にある。 作品世界: 主に25世紀以降で、地球人は銀河系内の1/3の領域に進出しており、様々な異星人と交流している。地球は地球連邦/銀河連邦という連邦政府を設立し、宇宙艦隊を編成して銀河系内の探査や学術調査、外交、治安維持等の任務に当たっている。他にも様々な星間国家が存在して、武力行使を含めた外交の駆け引きを繰り広げている。 しかし、設定は極めて複雑で作品中完全に解明されることはない。また、銀河系内の一部しか探査が進んでいないという設定のため、作品世界内の1つの事実に対して異なったいくつかの見解が提示されるのを見ることもできる。 物語: 主に群像劇が用いられている。冒険の舞台となる各惑星で、ある共通した異常事態(大災害や大惨事、作品によっては戦争)が起き、それに巻き込まれた人々のそれぞれの行動や言動を中心にストーリーが進行して行く。登場人物達が出会いと別れを繰り返していき、1つの物語を構築して行く。そのため、パニック映画に近い。 プロデューサーの山岸功典は巻き込まれ型と説明する。なぜなら、主人公の乗る宇宙船がある惑星に墜落して冒険が始まり、その惑星で起きている異常事態を解決して行き、その異常事態を引き起こした張本人がラストボスになっていることが多いからである。
(出典:wikipedia)