アニメキャラの魅力まとめ

検索
美少女 イケメン 髪色(黒) 主人公 髪色(茶) ロングストレート 名脇役

装甲騎兵ボトムズシリーズ キャラクター一覧

作品詳細

>> 新規キャラクター登録 
149回
148回
147回
146回
145回
144回
143回
142回
141回
140回
139回





閉じる作品詳細
『装甲騎兵ボトムズ』(そうこうきへいボトムズ)は、サンライズ (アニメ制作会社) 日本サンライズ(現サンライズ)制作のSFアニメ(ロボットアニメ)。1983年(昭和58年)4月1日から1984年(昭和59年)3月23日まで、テレビ東京系列で毎週金曜日17:55 - 18:25に放送された。全52話。 高橋良輔 (アニメ監督) 高橋良輔が『太陽の牙ダグラム』(1981年〜1983年)にひきつづき手がけたテレビアニメである。 本作は企画当初、制作会社であるサンライズ側からバトリングを中心に描かれる作品として提案されたが、前作のミリタリー色の強い玩具・プラモデルの売り上げが大変好調だったことにより、よりミリタリー色を強め、ストーリーを広げるようスポンサーであるタカラから要望が出された。これは結果的に制作側の演出意図と上手くシンクロし、主人公格のロボットを設定せず、登場人物が乗るアーマードトルーパー アーマード・トルーパー(AT)はすべて全高4m程度の小さな使い捨ての量産兵器となり、当時のロボットアニメとしては型破りの世界観が完成した。こうして、1979年の『機動戦士ガンダム』に始まるサンライズのリアルロボット路線は本作で一つの頂点に達し、「リアルロボットアニメの最高峰」とも呼ばれた。現在でも本作を愛好するファンは多く、鍛造職人の倉田光吾郎は原寸大のスコープドッグ・ブルーティッシュ・カスタムを製作し、後にサンライズに公認されて話題となった。
(出典:wikipedia)